胎児の胆のう付近が腫れています

胎児の胆のう付近が腫れています

妊娠8ヶ月です。妊婦健診で「胎児の胆のうが腫れている」と言われました。インターネットで調べると、「胆道拡張症」や「胆道閉鎖症」というキーワードが出てきて、心配しています。
経過観察の状態なのですが、早いうちに検査を受けるなど、何らかの対処をした方がいいのでしょうか? または、これから状態が変化していく可能性があるのでしょうか? 大きな病院に転院した方がいいのか、出生後すぐに手術になる可能性があるのかなど、心配がつきません。

専門家の回答

胆のうは、肝臓で分泌されて排出された胆汁を溜めておくところです。胆管は、肝臓と十二指腸の間にある管で、そこから胆汁が十二指腸に流出していき、食物の消化、吸収を助けます。
「胆道拡張症」は、胆管が先天的に拡張していて、胆汁の流れが悪くなるものです。「胆道閉鎖症」は、胆管がつまり、胆汁が流れなくなったものです。胎内での炎症により閉塞するものが多いようです。
いずれの疾患も、胆汁が腸管内へ排泄できない状態となり、超音波検査では胆のうが腫れて大きく見えます。この状態は自然に消失することもありますし、他の臓器にはほとんど異常がないと言われています。
腸管へ胆汁の流れがないために、出生児に黄疸が出たり、灰白色、クリーム色の便が見られ、発見されることも少なくありません。手術をすることはありますが、出生後、緊急手術になるケースはまずありません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る