博物館で息苦しさを感じ、意識を失って倒れてしまいました

博物館で息苦しさを感じ、意識を失って倒れてしまいました

第一子を妊娠中で、妊娠29週になります。先日、博物館で展示物を見ていたところ、おなかの痛みや息苦しさを感じました。そして、突然視界がチカチカして意識を失い、後ろに倒れて頭と腰を打ってしまいました。倒れたときは、睡眠不足、水分不足、暑かった、1時間半ほど歩きっぱなしという状態でした。
倒れたあとに救護室に案内されて休みましたが、おなかの張りも出血も破水もなく、胎動はやや弱いながらも感じられました。病院に連絡したところ「大丈夫でしょう」との返答をいただきました。数日後には頭痛も収まったのですが、数分間意識を失っていたこともあり、赤ちゃんへの影響が心配です。
しかし、これまでおなかの張りを感じることはほとんどなかったのに、その日を境に、歩くとすぐにおなかが張るようになってしまいました。次の健診まで2週間あり、それまでにどのようなことに気をつけて生活すればよいかわからず、不安です。倒れた原因、対処法、予防についてお伺いできると、大変ありがたいです。
なお、血液検査では「貧血の傾向はあるが、問題になる程度ではない」と言われており、高血圧や尿糖、尿たんぱくなどの数値に問題はありません。

専門家の回答

ご質問を拝見しますと、脳貧血が生じたものと考えられます。倒れたときの体調がよくなかったことが、主な原因かと思います。妊娠中は、おなかの赤ちゃんに血液を送るために母体の血液が薄くなり、子宮に血液が集まるために脳内の血液が少なくなっています。また、長時間立ちっぱなしでいたり、歩き続けたりすると、おなかは張りやすくなります。
外出中にいつもと違う症状を感じた場合、すぐに座るか、できれば横になるようにしましょう。それができない場所では、少なくともしゃがむようにしましょう。貧血が進んでいるかもしれませんし、その後もおなかの張りが続くなら要注意です。2~3日横になる時間を増やしても、おなかの張りが改善しなければ、受診しましょう。
妊娠中はちょっとしたことをきっかけに、トラブルが生じることがあります。普段から規則正しい生活、十分な睡眠、バランスのよい食事、無理をせずに余裕をもって行動することがトラブルの予防になります。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る