しゃっくりと不整脈は関係ある?

しゃっくりと不整脈は関係ある?

現在29週の妊婦ですが、今日の検診で「胎児の成長に問題はないが、不整脈かもしれない」といわれました。ちょうど胎児もしゃっくりをしていたこともあり「多分問題はないから大丈夫だけど、一応専門医に見てもらおう」ということで、近々検診を受ける予定です。

専門家の回答

妊娠後期には、胎児のしゃっくりが超音波検査で確認できることもありますが、胎児不整脈とは直接関係ありません。
胎児不整脈は、心臓の心房と心室が別々のリズムで拍動することによって起こります。これは、超音波検査である程度判別することができます。
胎児心不全になるときは、胎児治療も必要になることがあります。しかし、不整脈には一過性のことも多く、器質的に問題がなければ様子をみてもいいと思います。自然に消滅してしまうこともあります。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る