予定日後の出産と胎盤剥離の関係

予定日後の出産と胎盤剥離の関係

予定日を過ぎても陣痛がなく、結局、41週と5日目に胎盤剥離となり、緊急帝王切開でなんとか無事男の子(初めての子)を出産しました。
予定日を過ぎても胎盤機能の検査はなかったのですが、予定日を超過したことが胎盤剥離と関係あるのでしょうか? 妊娠時はつわりもなく、何のトラブルもなかっただけに、原因がはっきりしません。

専門家の回答

ご質問の方も、検診や出産時には分娩監視装置により赤ちゃんの元気度をチェックされていたと思います。このチェックにより、子宮収縮曲線上での所見で、胎盤剥離の診断はつけられます。
ただし、胎盤剥離の直接の原因は明らかになっておらず、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)のほか高血圧、子宮内圧の急激な低下、外傷などが代表的な誘因としてあげられます。発生頻度は、全妊娠0.5%前後で、50~70%に妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)が存在するといわれています。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る