妊娠継続しやすいのは左右どちらの卵巣の卵子ですか?

妊娠継続しやすいのは左右どちらの卵巣の卵子ですか?

妊娠5週目です。産婦人科を受診して妊娠が確認されたとき、担当医の先生から左の卵巣から排卵したことを伝えられました。「受精卵が2つあるので双子かもしれない」とのことでしたが、死産や流産等のリスクの説明が多かったので、少し気になりました。
「左の卵巣から排卵した卵は、受精・着床しても妊娠継続が難しい」といった情報を見聞きしたことがあるのですが、死産や流産の説明が多かったのは、そのせいなのでしょうか? 左の卵巣から排卵した卵子が受精して着床した場合、どの程度の確率で流産してしまうのでしょうか?

専門家の回答

まず、左右どちらの卵巣から排卵した卵子による受精卵でも、妊娠の継続しやすさに差はないものと思います。
多胎妊娠では、妊娠初期に多胎の1児が死亡したり、胎児異常や多胎児間の大きさに差が生じたりすることがあります。また、羊水過多や過少、早産、妊娠性高血圧症候群、妊娠性糖尿病などのハイリスク妊娠として、慎重な管理が必要となることが多いです。リスクの説明が多かったのは、そのためではないかと思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る