胎嚢(たいのう)があまり成長していないので心配です

胎嚢(たいのう)があまり成長していないので心配です

最終月経から数えて5週目に初受診し、胎嚢(たいのう)が5.9mmと診断されました。そのとき、過去に自然流産と切迫流早産の経験があったので、hCG5,000単位の注射を受けました。6週目に2回目の受診で、胎嚢は7.8mmに。卵黄嚢が確認できたため、「小さいけどあと1週間待ってみよう」と再びhCG注射を受けました。そして7週目に3回目の受診で、胎嚢が8.8mmに。胎嚢はほとんど成長していなかったのですが、心拍は確認でき、このときもhCGの注射を受けました。あるサイトで妊娠初期の胎嚢は毎日1mmずつ大きくなると見て以来、成長の遅さがとても気になります。このような胎芽でも今後普通に成長できるのでしょうか? また多嚢胞卵巣のためか上の子も不妊治療で授かり、「2度目の妊娠も治療が必要」と言われた矢先の自然妊娠だったのですが、元々の卵が不良で染色体異常が起こるようなことは考えられるのでしょうか? とても心配です。

専門家の回答

胎児心拍が確認できれば90%は大丈夫といわれていますが、あとの10%はそのまま育たないこともあります。元気なら育っていくのでこのまま経過をみてください。また、多嚢胞卵巣で染色体異常児が生まれるわけではなく、卵が古いことが原因だといわれています。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る