妊娠中のカンジダは再発するの?

妊娠中のカンジダは再発するの?

現在まだ妊娠6週ですが、先日診察の際にカンジダ膣炎との診断を受け、膣内に薬を投与され、塗り薬を処方されています。
カンジダ膣炎は再発の可能性があると聞いたのですが、妊娠後期に再発した場合、自然分娩は可能でしょうか? 帝王切開になってしまいますか?
また、カンジダ膣炎は赤ちゃんになにか影響を及ぼしてしまうことはないでしょうか?

専門家の回答

妊娠中は膣内が酸性化されるので、カンジダが生えやすいのです。膣内は分娩時に赤ちゃんの通り道になるので、それまでに治しておけば問題ありません。また、別にカンジダ膣炎があるからといって、帝王切開になるわけではありません。
ただ治療はしておかないと、運悪く赤ちゃんに感染してしまうことがあります。そうなると、鵞口瘡(がこうそう)といって、赤ちゃんの口の中にカンジダが感染し、おっぱいをうまく飲めなくなってしまうこともありますので、治療しておくことが必要です。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る