血小板減少と診断され、心配です

血小板減少と診断され、心配です

現在、妊娠3ヶ月です。先日の初期血液検査で、血小板減少と診断されました。初めは5万個だったそうですが、1週間後の検査では9万個に増加してました。でも、上の子(1歳4ヶ月)の妊娠時は、18万個ありました。このままでは、出産時にかなり心配です。日ごろの生活で、どのような注意が必要でしょうか。

専門家の回答

血小板減少症は、自己免疫が関係して血小板の数が10万以下となる出血性疾患です。この疾患をもつお母さんから生まれる新生児の約5割に血小板減少があり、分娩時に頭蓋内出血を起こして死亡することもあります。そのため、分娩前に胎児血小板を検査して、5万以下なら帝王切開にします。
また、経膣分娩が可能と診断されても、分娩時の出血が多かったり、止血しづらいこともあります。妊娠中は、貧血、血小板の数を検査して経過観察をし、場合によっては治療も必要となります。
お母さん自身は、出血しやすくなったかどうかなど、からだの変化に気をつけてください。青あざがしょっちゅうできたり、鼻血や歯ぐきからの出血が止まりにくいなどの症状があるようなら、すぐに受診しましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る