妊娠中の花粉症対策はどうする?

妊娠中の花粉症対策はどうする?

妊娠8週です。花粉症の症状が強いため、毎年飛散前から薬を飲み、やっと日常生活を送っている状態です。
今年は妊娠が発覚してから薬を一切飲んでいませんが、その分、くしゃみがしょっちゅう出ています。なるべく、くしゃみをしないように努力をしていますが、やはり出てしまいます。
妊娠中の花粉症の場合、どのような対処が望ましいのでしょうか? 薬を我慢して、くしゃみをするほうがおなかの子にはよくないのでしょうか?

専門家の回答

胎児の体の器官が形成される妊娠4~11週くらいの時期は、なるべく薬を使いたくないものです。しかし、くしゃみがたくさん出て、おなかの張りや痛みを感じる場合には、我慢せずに点鼻薬を使ってください。
花粉症は、予防が大切です。花粉の飛散が多い日には、なるべく外出をしないようにしましょう。外出が必要なときには、マスクやめがね、帽子を着用すること。また、家の中に花粉を持ち込まないよう、玄関前で服についた花粉を払うことをお勧めします。
また、妊娠前の方の場合、鼻粘膜のレーザー焼灼をしておくと、約1年間は有効と言われています。重度の花粉症の方は、検討してみてもいいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る