妊娠中に飲めるコーヒーの量はどのくらいですか?

妊娠中に飲めるコーヒーの量はどのくらいですか?

私はコーヒーが大好きで、妊娠するまで毎日3杯ほど飲んでいました。「妊婦はカフェインを控えた方がよい」と育児書などにもよく書いてあるのですが、コーヒーは何杯くらいまでなら飲んでもよいのでしょうか?
適量を超えて飲んだ場合、赤ちゃんにはどのような影響がありますか?

専門家の回答

妊娠中はカフェインの代謝が低下するため、血中にカフェインがたまりやすいうえに、胎盤を容易に通過します。そのため、カフェイン摂取の胎児への影響については、催奇形性、流産、胎児発育異常、切迫早産、子宮内胎児死亡などに関係すると言われています。とはいえ、まだ一致した結論は得られていないようです。
現在までの報告では、コーヒーカップ1杯を140mlとした場合、1日2杯程度なら影響はしないと言われています。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る