• 通報
    和田さんの悔しい気持ち、お察しします。 娘さんの生死が関わる病気を防げたと思うと、何故日本でワクチンが打てなかったと後悔するのは当然ですよね。 ただ子宮頸がんワクチン等を見ても、有益として1度認可さ… もっと見る
    和田さんの悔しい気持ち、お察しします。
    娘さんの生死が関わる病気を防げたと思うと、何故日本でワクチンが打てなかったと後悔するのは当然ですよね。

    ただ子宮頸がんワクチン等を見ても、有益として1度認可され補助の対象になりました。
    しかしその後重大な後遺症例が続き、予防接種を自粛する方向へ……。
    昨年また補助の対象になり、その期間受けられなかった人への救済も再開しました。

    いくら有益な予防接種でも、重大な後遺症で障害が残った人にとっては結果が全て。
    受けた事を猛烈に後悔したでしょう。

    日本は認可にタイムラグが出る事がしばしば問題になる事も事実。
    しかしそれだけ後遺症による被害を押さえる事に繋がるのであれば、悪でもない。

    治療薬は病気を治す為に必要。その結果障害が出ても諦めが付くかも知れない。

    どこを重要視するのか…簡単に決められる問題でもないのが悩ましいです。
    +15 -3
    返信 0件
  • 通報
    つい先日3歳の娘が原因不明で急性脳症になりました。 命の山場を越え、現在は入院生活を送っています。  なかなか周りに同じ経験をしてる人がいなかったので、その時に感じた怖さや不安を絵や文字にしていただけ… もっと見る
    つい先日3歳の娘が原因不明で急性脳症になりました。
    命の山場を越え、現在は入院生活を送っています。 
    なかなか周りに同じ経験をしてる人がいなかったので、その時に感じた怖さや不安を絵や文字にしていただけてとてもありがたいです。
    これからも投稿楽しみにしています。 
    +37 -2
    返信 0件
この記事の著者

マンガ家・イラストレーター和田フミ江

姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

同じ著者の連載

関連記事

マンガの新着記事

PICKUP