ほったら家事! お風呂の「オキシ漬け」で一度に隅々まできれい♪

万能洗剤として話題の「オキシクリーン」を使った“オキシ漬け”でお風呂をきれいに! 浴槽と追い焚き配管、バスグッズを一度に掃除できる“オキシ漬け”のテクニックをご紹介します。

お風呂のオキシ漬け

Instagramで毎日の掃除や片付け方法をわかりやすく発信し、2歳と8歳の姉妹ママであるh a r u ⋆さん(@nn.llll.nn)。過去には建築の仕事をしていたことから、家を見るのが大好きだというh a r u ⋆さんは、「大好きな家、大切に暮らしやすく」をモットーにしているそうです。

 

そんなh a r u ⋆さんに、いまや日々の掃除に必要不可欠という「オキシクリーン」(酸素系漂白剤)を使ったお風呂の掃除方法を教えてもらいました!

 

続きを読む

話題の「オキシクリーン」を使った“オキシ漬け”って?

オキシクリーン

 

「オキシクリーン」は、アメリカをはじめ、世界中で愛用されている洗剤ブランド。衣類の洗濯や、キッチン、お風呂場や洗面所、トイレ、洗濯槽の掃除など、さまざまな用途に活用できる酸素系漂白剤です。酸素の泡が汚れを浮き出させ、驚きの洗浄力を発揮し、「ほとんどの汚れがこれひとつできれいになる!」とママたちの間でも大人気。

 

そんな「オキシクリーン」を使用した漬け置き洗いの愛称が“オキシ漬け”です。SNSでも、大勢の方が“オキシ漬け”を実践している投稿が見られますよ!

 

浴槽・バスグッズ・配管をまとめて“オキシ漬け"!

STEP1

浴槽と追い焚き配管をオキシ漬けオキシクリーンを40〜60度のお湯によく溶かして、そこに汚れを落としたいものを漬け置きするのが“オキシ漬け”の基本です!

 

STEP2

浴槽と追い焚き配管をオキシ漬け

 

浴槽と追い焚き配管を洗うついでに、きれいにしたいものもまとめて漬け置き! お湯が冷めないように換気扇をOFFにしておくことがポイントだそうです。

 

STEP3

浴槽と追い焚き配管をオキシ漬け

 

この状態で追い焚きをすることで、追い焚き配管にも「オキシクリーン」が行き渡ります。

 

「オキシクリーン」が効果を発揮するのは20分以上〜6時間以内とされているので、20分以上、できれば数時間、漬け置きします。

 

浴槽と追い焚き配管をオキシ漬け

 

STEP4

浴槽と追い焚き配管をオキシ漬け

 

数時間放置したら、排水して洗い流します。スポンジでこすり洗いすると、よりきれいに。

 

浴槽と追い焚き配管をオキシ漬け

 

 

配管内に残ったオキシクリーンを流して完了!

STEP5

浴槽と追い焚き配管をオキシ漬け

 

仕上げに追い焚き配管内に残った「オキシクリーン」を洗い流すために、泡や汚れが出なくなるまで「追い焚き」します。

 

STEP6

浴槽と追い焚き配管をオキシ漬け

 

浴槽と追い焚き配管をオキシ漬け

 

以上で浴槽と追い焚き配管、そしてバスグッズのオキシ漬けが完了です!

漬け置きや追い焚きの時間はかかりますが、ほったらかしておけばOKなので、通常の洗剤を使用してこすり洗いするよりもラクラク♪

1・2カ月に一度くらいオキシ漬けを実践すると、きれいな浴室をキープできますよ!

 

h a r u ⋆さんは、このオキシ漬けをおこなったタイミングで「防カビくん煙剤」もしておくそうです。

 

お風呂のオキシ漬け、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

取材協力/h a r u ⋆さん(@nn.llll.nn)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

- h a r u ⋆さん(@nn.llll.nn)がシェアした投稿

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP