ママ友付き合い、子育て…モヤモヤ気分の撃退方法を知ってラクになろう!【ラクに楽しく♪特集】

2019/07/02 20:00
1
この記事では、メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラーのカトウ ヒロコさんが、モヤモヤ気分の撃退方法を紹介しています。モヤモヤの原因を頭の中から探してみる、つらいと思ったことを書き出してみる。その上で、次に事実であるもの、自分の推測の域を出ないものに分け、事実であるものについて焦点をあててみましょう。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
ママ友

モヤモヤ気分のママのイメージ

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラーのカトウ ヒロコさんからメッセージです。

 

日々の子育て。頑張れば頑張るほど、つらいことや苦しいことが出てきて、モヤモヤ気分が募るママも多いのではないでしょうか。モヤモヤがしまいにはストレスになってしまうことも。ストレスを溜める前にモヤモヤ気分を上手に撃退しましょう。

 

心=脳!? 感情は脳からできている?

つらいと思ったり、苦しいと思ったとき、胸がぎゅっと締め付けられるような感覚におちいるのではないでしょうか。そのため、感情は心(=心臓)が司っていると思われがちです。

 

しかし、人間が感情を抱くときには必ず脳の神経系に変化が表れているということがわかっており、心理学上では、脳が心の働きを担っていると考えます。脳には、さまざまな役割があり、大脳辺縁系では喜びや悲しみ・怒りを、海馬では記憶や学習、扁桃体は情動学習の中枢としての役割を、前頭連合野は自発性や計画性に関連しているといわれています。

 

脳が人間の心としての機能の多くの部分を司っていることがわかっているのです。

 

モヤモヤの原因を頭の中から探してみる

心(=心臓)で感じているモヤモヤした感情をどうにかしようとすると、モヤモヤしているがゆえに、手のつけようがないのではないでしょうか。そこで、苦しくなったりつらくなったりしたとき、このモヤモヤは心から発せられているのではなく、脳から心に司令を出していると考えてみてください。

 

脳が司令を出しているのであれば、なんらかの司令の元となる事象があると考えます。この事象を探してみることにより、つらさを軽減できることがあります。


つらいと思ったことを書き出してみる

司令の元となる事象を探し出すには、まず、つらいと思ったり苦しいと思ったりしたときの原因を書き出してみましょう。

 

たとえば、「ママ友との付き合いがつらい」ということで心に痛みを感じているのであれば、なぜつらいと思ったのかを思う存分書き出してみます。正しい正しくないは関係ありません。思いあたることを全て書き出してみましょう。

 

たとえば、
・ママ友に責められている感じがする
・いつもママ友が誰かの悪口を言っている
・ママ友が自慢話ばかりしていて聞いていて気が重くなる
などなど。

 

書き出しきったら、次に事実であるもの、自分の推測の域を出ないものに分け、事実であるものについて焦点をあててみましょう。

 

上記の例でいえば、
・ママ友に責められている感じがする →推測
・いつもママ友が誰かの悪口を言っている →事実
・ママ友が自慢話ばかりしていて聞いていて気が重くなる →事実
となります。

 

その事実に対して、なぜ自分が嫌な気分になっているのか、余裕があれば、ママ友に会わないようにする、ママ友があまり悪口や自慢話をしないシチュエーションに持ち込むなど、自分なりの解決方法を考えてみましょう。

 

自分の中で渦巻いている感情の原因がわかれば、だいぶ、モヤモヤが薄らいでくるのではないでしょうか。

 

 

 

原因を特定し自分なりの対応策を自分自身で出せれば、苦しみもだいぶラクになるかと思います。ここで、“問題について放置する”という対応策に落ち着くのでも全く問題ありません。自分が問題の原因を掴んで、それへの対応に対して自分なりに納得できれば、ひとまずOK。

 

モヤモヤを消し去りたい、モヤモヤと戦いたい、と思ったら、まずはモヤモヤの原因を探しましょう。

 

著者

ライター カトウ ヒロコ


メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラー。また、フリーのWEBプロデューサー&ライターとして活動中。



この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード