名づけ親はまさかのあの人!?【奥さんと子どもに好かれたい!13】

2019/07/12 17:00
11
とにかく奥さんと子どもに好かれたいと日々頑張るパパイラストレーターによる、妊娠判明から育児に奮闘する様子を描いた連載マンガ。今回は悩みに悩んだお子さんの名づけエピソードをお届けします。名づけ親はまさかのあの人!?だそうです。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
YUDAI9℃

ベビーカレンダーをご覧のみなさまこんにちは、YUDAI9℃(ユウダイクド)と申します。イラストを描いたり、キャラクターグッズを作ったりしていたら、奥さんの妊娠が判明。それを機に奥さんを喜ばすため、日記がわりにマンガを描くことにしました。今回は悩みに悩んだ名づけエピソードをお伝えします。


奥さんが「女の子だったらこれがいい!」という名前候補はあったものの、
子どもの性別が男の子と判明! 名前決めは1からのスタートとなりました。

 

YUDAI9℃名づけ13-1

YUDAI9℃名づけ13-2

YUDAI9℃名づけ13-3

YUDAI9℃名づけ13-4

YUDAI9℃名づけ13-5

 

流行っている名前は気が乗らないし、画数の多い漢字は自分たちが書類を書くときに面倒だ、あれはやだ、これはダメだと、名前決めはなかなか進みませんでした。

 

そのとき、夢に出てきたのがあの「岡本太郎」(1970年の大阪万博のために作った太陽の塔が有名で、「芸術は爆発だ!」というフレーズは流行語にもなった有名な芸術家)で、はっきりと僕に子どもの名前を告げてくれたんですが、奥さんの判定は「微妙」(笑)。

 

夢でのお告げはこの他にもありまして、僕の母が「アナタのひいじいちゃんが夢に出てきて、自分の漢字を一文字あげると言っていたよ!」というエピソードもあります。結局それもしっくり来なくて不採用!

 

いろいろと候補をあげては捨ててを繰り返しましたが、今思えば二人で悩んで決める時間が大事だったのだと思います。

 

著者

イラストレーター YUDAI9℃


2017年6月4日生まれの男の子を子育て中のパパイラストレーター。
奥さんと子どもにどうにかして好かれたい一心で、毎日生きている。
普段はこぶたのキャラクター「ポトフスキー」を描いている。
Twitter:@yudai9c 

Instagram:@jyo_taro_san

 

※YUDAI9℃さんのマンガ記事は、4/11(木)から公開予定!



この記事にいいね!しよう

いいね!
11

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。