生後10日の息子が高熱⋯病院に付き添ってくれた義母のあり得ない一言!

2019/10/06 06:30
17
生後10日で高熱を出した赤ちゃん。病院へ連れて行く際に付き添ってくれた義母が、そこで信じられない一言を放ったという体験談です。

診察を受ける赤ちゃん

 

生後10日ほどで高熱を出してしまった息子。念のため総合病院で検査をすることになり、近くに住んでいる義母が付き添ってくれました。付き添ってくれたのはうれしかったのですが、そこで耳を疑う一言を聞いたのです⋯⋯。

 

生後10日で高熱!

第三子となる息子が生まれ、無事退院したのも束の間。39度近い高熱が出て、口内炎のようなものがたくさんできてしまい、授乳もままならない状態に。かかりつけの小児科に行ったものの、まだ生まれて10日ほどしか経っていなかったため、念のため総合病院で検査してもらうよう言われました。3人目の子どもとはいえ、生後10日で高熱を出すことは初めてだったので、さすがに不安になりました。

 

義母が付き添ってくれることに⋯…

そのことを義母に話すと、心配だからと付き添ってくれることに。不安も募っていたため、付き添ってくれるのはとてもありがたいし、心強く感じました。 そして総合病院の小児科で検査をするべく待合室に座って待っていると、診察の順番が来たことを知らせる画面に息子の名前が表示されました。そのとき、義母が信じられない一言を放ったのです。


それ、今言う必要ある!?

画面に表示された息子の名前を見て義母が言い放ったのは、

 

「やっぱり、なんか格好悪い名前よね〜」

 

⋯⋯一瞬、何を言っているのか理解できないほど衝撃的な一言でした。 診察を受けながら少しずつ怒りが込み上げてきて、「そう思っていたとしても、今この状況で言う必要ある!?」 と、心のなかでイライラが募りました。

 

検査は無事終わったもののその日に結果は出ず、なんだかモヤモヤした1日でした。 その後、検査結果はひとりで聞きに行き、異常は特になく、息子の体調もよくなりました。

 

 

 

病院での一件以来も、義母はまったく悪びれた様子はなく普通に接してきますし、孫のこともかわいがってくれています。義母の好みの名前ではないという本音が、とっさにポロっと出てしまったのでしょう。名付けたばかりでその名前を否定されるのは正直悲しいものがありましたが、状況的に私も少し気にしすぎてしまった部分があったと思います。今後はあまり細かい発言は気にせず、義母とは良い関係を保ちたいと思います。

 


著者:松本寛子

結婚を機に地方へ引っ越し出産。自身の体験をもとに、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。


  • こういう話見るたび思いますけど、どんな名前なんですかね?私はキラキラや当て字反対派なので、名前によるかなと思います。(大袈裟に言えば、太陽と書いてサンと読むとか春と書いてアキと読むとか。)まあ確実にこのタイミングで言う必要はないですけど。

    2019/11/02 16:57

この記事にいいね!しよう

いいね!
17

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード