耳が悪いの?悩みの原因が一発解消「天才すぎ!」#障害児ママの葛藤4

障害児ママの葛藤第4話。2児のママ、よいこさんの体験談をマンガでご紹介します。

自閉症スペクトラム(ASD)と注意欠陥障害(ADD)の長男あーくんと、次男いーくんの母、よいこさん。あーくんが自閉症と診断されるまでのエピソードをマンガでお届けします。4話目、

 

続きを読む

発達テストの結果…?!

障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4

4歳前の時点で、あーはハサミもお箸も使えませんでした。

その代わり(になるのかならないのか)ひらがなとカタカナは全部読めました。

 

上に挙げたのは一例ですが、保健師さんに発育テストをしてもらったところ、とにかく発達の偏りが激しいという結果に。その後、療育施設探しに奔走し、あーは療育へ通うことになりました。

 

療育初日、目からポロポロ

障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4

目からうろこどころか、生魚くらいピチっと出てきそうな感じでしたYO!!!

あのあーを飼い慣らして、「楽しかった!」の一言を引き出すなんて、療育にはどんな魔法使いがいるんだろう……!?と単純に疑問でした(笑)。

 

療育に1年通った効果

障害児ママの葛藤4障害児ママの葛藤4

障害児ママの葛藤4

障害児ママの葛藤4

 

療育の効果は、1年やそこらで出るものではないというのはなんとなく感じていたので、子どもへの明らかな効果というお話ではなく、親への効果はてきめんでした。

 

「あーはこんな風に感じているんだ」とか「ここはわかっている」「ここは苦手分野」「このような働きかけならわかってくれる」など、あーと接するなかでじっくり一緒に考えてくれる施設の方が、いるのといないのじゃ天国と地獄!!

 

今でも大人げなく叱ってしまうことはままあるけれど、「うちの子、自閉症かも?」って悩んで葛藤していた時代と比べれば、ずいぶん穏やかにあーに接することができている気がします。

 

ようやく、「自閉症スペクトラム」と向き合える環境が整って、スタートラインに立てたなあという感じです!


よいこさんの育児エピソードはInstagramやブログなどから更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

よいこ(@yokoiyoiko)がシェアした投稿 -

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターよいこ

    自閉症スペクトラム&注意欠陥障害の長男あー(小学生)と、次男いー(幼稚園児)の母。30代。主に泣いている。心配性の夫は社畜系転勤族。最近は仕事と家庭の両立でテンパりまくり…。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP