暮らし 工夫 安全対策

負担を減らす!妊娠中に注意したい家事のポイント

妊婦さんのお風呂掃除

 

妊娠中はこれまでのように家事をこなすだけでもひと苦労。洗濯ひとつとっても、自分の体が思うように動かなかったり、おなかの中の赤ちゃんの様子が気になったりと何かと神経を使ってしまいます。そこで、妊娠中の家事で気を付けておきたい注意すべきポイントをご紹介します。

 

続きを読む

お風呂掃除などでの転倒に注意!無理せず協力を仰ごう

妊娠中に気を付けたいことのひとつが転倒です。ふだんの何気ない行動でも、おなかが大きいとバランスを崩しやすいので注意が必要です。妊娠初期はまだおなかのふくらみがほとんどないとはいえ、やはり十分に気を付けたいところ。

 

そんな妊婦さんがとくに用心したい家事のひとつがお風呂掃除です。水に濡れたタイルで足を滑らせたり、浴槽掃除でおなかに負担がかかる体勢をとったりしてしまうことも。また、お風呂掃除以外にも、高いところの物を取ろうとイスや台に上がって作業をするときも注意したいですね。バランスを崩しやすいので、やむをえない場合は細心の注意を払っておこない、できればパートナーの助けを借りられるといいですね。

 

意外と負担になる洗濯!少しでも楽になる工夫を

ほとんどの方が日課としておこなっている洗濯。濡れて重くなった洗濯物を運んだり、高いところに手を伸ばして干したり取り込んだり……。妊娠中の体にはかなりの負担になりますよね。この負担を軽減してくれた、いくつかの対策を紹介します。

 

ひとつは、洗濯物を干す物干しの位置を低くすること。高い場所に物干しがある場合は、S字型フックなどを利用して物干し竿の位置を下げたり、室内の干しやすい高さに突っ張り棒をかけて特設の物干しを作ります。少しでも位置が低くなるだけで、無理な体勢にならずに洗濯物を干すことができますよ。

 

もうひとつは、洗濯物自体の量を減らすこと。たとえば大きなバスタオルは小さめのフェイスタオルに替え、下着などの小物類はお風呂に入ったついでに洗濯板とせっけんでサッと手洗いする。ちょっとした工夫で負担を軽減することができるので、改善できるところがないかこの機会に見直してみるといいですね!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。