年末に向けてラクにお片付け!増える「子どものもの」を片付ける方法【ラクに楽しく♪特集】

2019/12/05 20:00
23
保育士の中田馨さんが、増える子どものものを片付ける方法をお話ししてくれました。衣類・おもちゃ・作品などの種類別に、ラクに片付けるコツをまとめて解説!
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
収納

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中!

 

こんにちは、保育士の中田馨です。今年も残りわずかになりましたね。年末が近付くと気になることが「大掃除」ではないでしょうか。この時期は特に、どんどん増える子どものものをどうすればいいかを悩んでしまうところです。

 

今回は、年末に向けて子どものものを片付けるコツを話します。

 

子どもの衣類の片付け方法

子どものものと一言で言ってもさまざまあります。まずは衣類を見てみましょう。

衣類は処分しにくいもののひとつでもあります。「初めて着た服」「初めて履いた靴下」「おばあちゃんにもらった帽子」などなど、思い出がつまっているのが子どもの衣類。また、もしかすると次に生まれてくる子に使えるかも、などと考えることもあります。

 

そんな思いがつまった衣類を処分するタイミングは下記の3つです。
・サイズアウトした
・ひどい汚れがついた
・着ることがほとんどない


衣替えをする際、来年は着れるかを考えてみます。もし難しい場合は処分を考えましょう。処分は捨てるだけではなく、まだ着れる場合は友人に譲ったり、リサイクルしたりするという方法もあります。また、思い入れがある衣服は大切に収納しておきましょう。

 

子どものおもちゃの片付け方法

子どもに「このおもちゃいらない?」と聞けば、きっとほとんどが「ダメ!」という返事が返ってきます。長いこと使っていないからと、子どもに内緒で処分したおもちゃを「アレはどこ?」と突然思い出すこともあります。

 

こっそり処分してしまうと、子どもが傷付いてしまう場合もあるので、子どもとじっくり相談しながら処分するようにします。

 

子どもとおもちゃの処分を相談するときのポイントは4つです。
・最近使っていない(半年以上)
・対象年齢を過ぎた
・壊れている

・付録などでもらった(それほど思い入れがない) など

 

「もしかするとまた遊ぶかも」と悩んだおもちゃは、別の場所に片付けておき、子どもが「遊びたい」と言わなければ後日処分します。


幼稚園・保育園の作品はどうする?

幼稚園や保育園で作った作品は、思い入れがあって、これまた処分しにくいものです。お気に入りの作品は、額や棚に飾ったりすることもできますが、それ以外の作品はどうすればいいでしょうか。段ボールに入れていても、そのまま何年も押し入れの中に入れっぱなしになり、見返すことはないと思います。

 

我が家の場合は、絵は製本して1冊にまとめたり、写真に撮って処分したりという方法をとっています。後から見返すことができるので、子どもにもなかなか好評です。

 

子どものものを増やさないコツ

成長とともに増える子どものものですが、家の収納スペースには限りがありますので、どんどん増やすわけにはいきません。物を増やさないようにするには、第一に「物の買い方を見直すこと」です。当然のことながら、物は買えば増えます。子どものおもちゃでありがちなのが、「子どものため」と言いながら、実はママやパパが欲しくて買ってしまっている場合があります。

 

私の場合、車のおもちゃがそうでした。1台数百円と手軽で、ついつい集めるのが楽しくなりました。気付けば車のおもちゃで箱がいっぱいになっていたのです。おもちゃは多ければよいというわけではありません。きっと皆さんそれぞれの「物の買い方」があると思うので、それは本当に子どもに必要なものかを見直してみてください。

 

 

物を処分すると、部屋も心もスッキリして子どもも遊びやすくなります。今年は年末に向けて、子どものものの片付けを始めてみましょう!

 

著者

保育士 中田馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長


0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中!BLOG:「中田馨"和の離乳食レシピ"blog



この記事にいいね!しよう

いいね!
23

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。