「お相撲さんみたいねw」出産直前にそれ言う?義母のありえない言動にドン引き!

義母は私たちの家の隣に住んでいます。義母はよく言えば天然、悪く言えば無神経で、もともと苦手なタイプでした。私は働いていたため、密に接する機会もなく、出産するまでは平和でした。……出産するまでは。

義母に立ち会ってもらったことで、今では義母が大の苦手に。出産時の恨みは一生忘れないと言いますが、その言葉を身をもって経験したお話です。

義母に振り回されたお産

続きを読む

お義母さん、人の話は聞いてください

夫の不在時に陣痛が始まったら、陣痛タクシーを利用するつもりでいました。しかし、夫は不満げ。義母はすでに隠居生活に入っており、時間に余裕があります。義母を頼ればいいし、見ず知らずの運転手さんより義母のほうが安心できると考えていたようです。それで夫の気が済むのなら……と思い、私は夫の意向に沿うことに。

 

義母にも事前に送迎を頼むことや病院の場所を説明し、了承してくれました。そしていよいよ陣痛が始まり、義母に送迎を頼んだのですが……早くも後悔する羽目に。義母はハンドルを握るなり「どこの病院に行けばいいの?」と言ったのです。

 

生きて病院にたどり着けますように

陣痛に耐えながら、私は病院の場所を説明しました。そして車が走り出し、安堵したのもつかの間のこと。今度は車内に警報音が鳴り響きました。原因は義母で、なんと義母はサイドブレーキを解除しないまま車を走らせていたのです。私は助手席で、生きたまま病院にたどり着けるのか不安でいっぱいになりました。

 

病院に到着しても、モヤっとする出来事が起こります。入院が決まりましたが、陣痛がまだ弱いと助産師さんに言われました。足を開いて座ると陣痛が進むとアドバイスをもらい、実行することに。

 

その姿を見た義母は「お相撲さんみたいね」と笑ったのです。義母は3度出産を経験したベテラン。どうしてそんなひどいことが言えるのか、私は理解に苦しみました。

 

付き添いって、ただそばにいるだけ?

義母は、助産師さんに「いつ生まれますか?」と片っ端から声をかけて困らせていました。私は穴があったら入りたい状態。気がつくと、陣痛よりも苛立ちのほうが勝っていました。助産師さんにも「陣痛が遠のいた?」と言われ、私は思わず苦笑い。

 

お昼ごろにはひどい吐き気に襲われ、私は病院食も食べられず、ベッドから動けませんでした。義母はそんな私の姿を見ていながら、無情にも「お昼になったのでごはんを食べてきます」と言って消えてしまったのです。

 

 

その後、義母は夫と交代し、夫立ち会いのもと息子を出産しました。今になって思えば、どうしてあんなことでイライラしたのだろう?と思うことも。でも、私はまだ義母を許せずにいます。陣痛が始まると、他人を気づかう余裕などありませんでした。少しでも気をつかう相手なら、立ち会いを断る勇気も必要だったのかもしれません。それがきっと、お互いのためでした。現在は、顔を合わせれば世間話をする程度の関係をなんとか維持しています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


原案/結城あかね

​作画/やましたともこ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      喉元過ぎれば熱さも忘れるって言うけど、そんな感じなんですかね。悪気はないのだろうけど、その発言によって相手が傷ついたり、ムカついたりするって発想がもうないのかもしれません…。旦那さんは実の身内だし、他… もっと見る
      喉元過ぎれば熱さも忘れるって言うけど、そんな感じなんですかね。悪気はないのだろうけど、その発言によって相手が傷ついたり、ムカついたりするって発想がもうないのかもしれません…。旦那さんは実の身内だし、他人よりも融通のきくお母さんのほうを信用するでしょうけど、プロにお金支払って頼むほうが安心する場合だってもあるのに、お金が勿体無いって意識もあったのかもしれないですね。しかし、出産はあんなに痛い思いするのに何回も出産する人いるわけだし、忘れる痛みなんでしょうかね…

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママネタの新着記事

  • PICKUP