食・レシピ 離乳食

離乳食の進め方のコツ!ベビーに「おいしい」経験を

140
管理栄養士であり、離乳食教室の講師として経験を積んできた「離乳食の専門家」石田先生。離乳食の進め方についてニュースで配信したところ、大きな反響をいただきました!

管理栄養士であり、離乳食教室の講師として経験を積んできた「離乳食の専門家」石田先生。離乳食の進め方についてニュースで配信したところ、大きな反響をいただきました!ありがとうございます!

前回の離乳食ニュースはこちら 

みなさんの反響にお応えして、今回は離乳食の進め方のコツ・第二弾をお届けします。

 

 

 

<プロフィール>
管理栄養士 石田美枝
小学生6年、3年、1年の3児の母。学校給食の栄養士を13年務める中で離乳食から幼児食の重要性を痛感。保育園、産婦人科、市区町村の離乳食教室講師を勤め、現在クックパッドダイエットトレーナーを主力とするスーパー管理栄養士。

 

 

続きを読む

■離乳食の目的おさらい

前回のインタビューでもお伝えしましたが、離乳食の重要点は以下の2点です。
1. 赤ちゃんが食べ物を正しく消化するための「口(舌)」を動かすトレーニング
2. たくさんの味覚を獲得することで、「おいしい」の経験値を積むトレーニング

 

離乳食は「乳から離れるための準備の食事」です。しかしママ目線で離乳食について考えると、「乳から離れるため」よりも「離乳食を食べさせる」ことにフォーカスしてしまいがちです。

 

お子さんが自転車にいきなり乗ることができないように、離乳食にもトレーニングが必要です。何度も舌を動かしてみたり、お口を閉じてみたりと赤ちゃんも自分の口がどのように動くのかを確認、練習するのです。ですから、こぼしてしまったり、全部吐き出してしまったりという動作は、必ずしも「食べたくない」とは違うのだという認識をしておいていただきたいなと思います。

 

 

■哺乳の口から摂食の口へ

赤ちゃんは生まれた時、口の中がとても狭くなっています。乳を飲むために吸いやすい筒状に近い形を舌と口腔で作るからです。そして徐々に口の中が広くなってきて、歯が生えるスペースが生まれてきます。この過程の中で初めて舌を上下左右に動かし、口の中で食べ物を動かしたりするのが離乳食期です。

 

赤ちゃんの中には嚥下(飲み込み)を上手にする子もいますが、上手にできない子もいます。食品の場合、赤ちゃんがなんの問題もなく飲み込んでしまったら「食べられるんだ!」と思い、どんどん固い物を食べさせたりしていませんか?離乳食は口の発達と同時に内臓の発達の準備期間でもあります。ですから、やわらかくなっていないものがどんどん胃に送り込まれてしまうと、上手に栄養を吸収できずにアレルギーの原因になってしまうこともあります。
そして、たくさん舌を動かすことで練習できる「発語」にも大きな影響を与えてしまいます。

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。