唇を縫合、鼻を持ち上げる?!【口唇口蓋裂ちゃん、育ててます79】

2020/03/10 18:00
18
2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! くぴこ妊娠中、出産、育児のあれこれをつづります。「口唇口蓋裂ちゃん、とってもかわいいよ!」って伝えたい! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
じぇにこ

口唇口蓋裂の長女くぴこを育てています。

 

くぴこが生後11カ月のとき、3回目の術前検査を乗り越え、とうとう入院することに!

 

今回入院するにあたって、担当医の先生から口唇手術についての説明を聞きました。

 

じぇにこ79-1

 

夫も仕事を早上がりして駆けつけ、家族で先生の話を聞くことに。

 

まず、大まかな今回の口唇手術について流れを説明してくださいました。

 

じぇにこ79-2

 

離れている唇をただくっつけるだけではなく、そのあと口を動かすための機能などを考慮して、縫合していく……。

 

聞いてるだけでも大変な作業……

 

さらに……

 

じぇにこ79-3

 

じぇにこ79-4

 

口唇手術は、今やほとんど幼少期までに手術をします。

 

小さい子は、度重なる検査や慣れない環境のストレスなどで、手術を受けるまでに体調を崩しやすいそうです。

 

そうなると、当然入院できたとしても安全のため手術は延期となります。

 

「手術を受けるまでも受けたあとも気が抜けない…!!!」と、改めて思いました。

 


2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

著者

イラストレーター じぇにこ


1986年生まれ愛知県在住。2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!



この記事にいいね!しよう

いいね!
18

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。