医療 感染症

厚労省が基本方針を発表! 妊婦や小さな子どものママが今できることは?

4

感染症

 

新型コロナウイルス感染の拡大を受け、令和2年2月24日、国の専門家会議は「今後1~2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際である」という見解を示しました。そして、2月25日、日本政府は「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を公表しました。

 

続きを読む

新型コロナウイルス感染症についてわかっていること

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針では、現時点で把握している事実として以下のことを挙げています。

 

●一般的な状況における感染経路は飛沫感染、接触感染であり、空気感染は起きていないと考えられる。

 

●閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがある。

 

●感染力は事例によって様々である。一部に、特定の人から多くの人に感染が拡大したと疑われる事例がある。一方で、多くの事例では感染者は周囲の人にほとんど感染させていない。

 

●発熱や呼吸器症状が1週間前後持続することが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多い。また、季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されている。

 

●罹患しても軽症であったり、治癒する例も多い。重症度としては、致死率が極めて高い感染症ほどではないものの、季節性インフルエンザと比べて高いリスクがある。特に、高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高い。

 

●インフルエンザのように有効性が確認された抗ウイルス薬がなく、対症療法が中心である。また、現在のところ、迅速診断用の簡易検査キットがない。

 

●一方、治療方法については、他のウイルスに対する治療薬等が効果的である可能性がある。
 

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の重要事項

「日本政府は新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」のなかで、以下の6項目を重要事項として挙げています。

 

(1)国民・企業・地域等に対する情報提供
(2)国内での感染状況の把握
(3)感染拡大防止策
(4)医療提供体制(相談センター/外来/入院)の構築と整備
(5)水際対策
(6)その他
・マスクや消毒液等の増産や円滑な供給の要請。
・WHO や諸外国の対応状況等に関する情報収集と日本で得られた知見の共有。
・患者や対策に関わった方々等の人権に配慮した取り組み。
・ 空港、港湾、医療機関等における必要に応じた警戒警備の実施。
・ 混乱に乗じた各種犯罪を抑止と取締りの徹底。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。