「口唇口蓋裂で産んでごめんね…」【口唇口蓋裂ちゃん、育ててます89】

2020/05/26 17:55
265
2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! くぴこ妊娠中、出産、育児のあれこれをつづります。「口唇口蓋裂ちゃん、とってもかわいいよ!」って伝えたい! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
じぇにこ

口唇口蓋裂の長女くぴこを育てています。

くぴこが生後11カ月のとき、3回目の術前検査を乗り越え、ついに入院!

手術当日を迎えました。

 

くぴこを手術室に見送り、夫が待つ家族控え室へ。

 

jeniko89-1

 

jeniko89-2

 

生まれてからこの手術の日まで、世間の目を気にしながらの窮屈な生活、検査や処置で受けてきた恐怖、痛み……

 

それを近くで見ていても、わが子が泣いて怖がるのを近くで見守ることしかできず、 代わってやることもできない。

 

ここにきてようやく手術となったけど、手術室へと向かっていったくぴこの不安な顔があまりに切なくて、

 

「口唇口蓋裂じゃなかったらこんな思いせずにすんだのに」

 

「口唇口蓋裂で産んで本当にごめんね」

 

と、ただただ申し訳ない気持ちで涙が止まりませんでした。

 

 

ボロボロと泣く私に、夫は冷静にこう言いました。

 

jeniko89-3

 

取り乱す私に、ごくシンプルに。

 

「今やるべきことをやる」

 

それが大事だと。

 

jeniko89-4

 

悲嘆にくれても、なにひとつ前に進まない。

 

できないことを嘆くより、今できることを全力でやる。

 

感情に流されて、私まで不安になってしまいましたが、夫の冷静な言葉のおかげで気を取り直すことができました。

 

「手術に臨んでいる娘が戻ってきたときに、しっかり支えてあげられるように備えよう!」そう気持ちを切り替えて、気合を入れ直しました。

 


2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

著者

イラストレーター じぇにこ


1986年生まれ愛知県在住。2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!



この記事にいいね!しよう

いいね!
265

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。