私、寝かしつけをやめました!新しい生活リズムで思わぬメリットいっぱい

2020/12/21 18:25
6
寝かしつけをしながら一緒に寝てしまうほど心身ともに疲れていたママ。そこで生活リズムを見直し、ママにあった生活リズムを確立することで、家事も家族関係もスムーズになったという体験談です。
カテゴリ│
マンガ
中カテゴリ:
うちここ

私は子どもの寝かしつけをしていると、一緒に寝てしまうことがしょっちゅうありました。気がついたときには「家事が残っているのに……」と後悔して情けなくなります。そこで子どもが1歳半のときに、普段の習慣を少し変えてみました。そうすると気持ちよく家事が進むようになり、趣味の時間も作れるようになり、元気に毎日過ごせるようになったのです。そんな私の体験談をお話しします。

 

私、寝かしつけをやめました!新しい生活リズムで思わぬメリットいっぱい

 

私、寝かしつけをやめました!新しい生活リズムで思わぬメリットいっぱい

 

続きを読む

体も心も疲れていって

わが家では子どもが寝るときに両親のどちらかが寝かしつけをしています。私が寝かしつけをすると、しょっちゅう一緒に寝てしまっていました。途中で気がつけば起きて、残った家事をしたり夫と一緒に過ごしたりします。

 

ただ、これでは一度睡眠が分断されるので、体の疲れが取れづらくなります。また、途中で起きられずに朝まで寝てしまうと、やり残した家事をみて気持ちが落ち込み、自分だけが大変な思いをしているように感じ、夫に対して恨めしい気持ちにもなりました。

 

子どもと一緒に早寝早起き

そこで私は寝かしつけをやめました。つまり、子どもと一緒に寝ると決めたのです。そして早く寝た分、早く起きるようにしました。具体的には20時就寝、4時起床です。今まで夜にしていた家事を朝にするようにしています。これなら睡眠も十分にとれ、家事も残さずできます。

 

ただ、夫と過ごす時間が減ったのが気がかりでした。けれど何日かすると夫も5時起床の生活にしてくれ、一緒に過ごす時間ができ、夫婦の会話量はキープできています。


想定外のメリット

超朝型ともいえるこの生活は体調や家事の進み具合だけではなく、効率もいいと感じています。頭も体も疲れた夜よりも、頭も体も充実している朝に家事をするほうが短い時間で終わらせることができるのです。

 

そして、空いた時間にヨガをしたり、DVDを観たりと趣味を楽しんでいます。今までは、なんでも「子どもが寝たあとでやろう」と考えていました。けれど今では、「子どもが起きるまでに何ができるかな」と考えるようになりました。

 

 

周りの人の生活リズムとは少しズレますが、問題はなく、今ではすっかり習慣づいています。しっかり睡眠時間を確保したことで元気や活力が湧いてきたと思いますし、気持ちも前向きになったようです。おかげでやりたいことができ、気持ちに余裕が持てたぶん、家族に対してもやさしくなれたように感じています。

 

 

監修/助産師REIKO

作画/ぐら子


著者:小原水月

1児の母。管理栄養士免許取得。「健康が人生をわくわくさせる」をモットーに食と健康の分野でライターとして活動中。高齢出産後、生まれ育った都心を離れ夫の実家がある地方都市へ移住。義母と同居。


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

  • 子供は、すぐ大きくなります。

    「ママ、あっち行って」って言われるまで、子供中心でいいと思います。

    その方が、お母さんにとって、調子よかったら、なおさらだと思います。

    子供と過ごすいい思い出をたくさん作ってくださいね。

    2020/12/21 19:36

マンガの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。