日本小児科学会が公表! 休園、休校で親も子もイライラしたときはコレ!

2020/04/13 21:25
7
新型コロナウイルスの影響で、これまでの生活が大きく変わったというご家庭もあるかと思います。そんな状況のなか、親子共々イライラが積もっているという家庭もあるのでは? この記事では、4月6日に日本小児科学会が日本子ども虐待防止学会、日本子ども虐待医学会とともに公表した子どものいる家庭向けの役立つメッセージについて紹介しています。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
感染症
新型コロナウイルス

家族

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は全国の小中学校と高校、特別支援学校に令和2年3月2日から春休み期間の臨時休校を要請しました。そして、新年度に入ってからは、休校解除、時差登校、休校継続と各自治体の対応はざまざまです。お子さんの休校措置に加え、政府からのテレワークの要請などで、これまでの生活が大きく変わったというご家庭もあるかと思います。そんな状況のなか、親子共々イライラが積もっているという家庭に向けて、日本小児科学会は、4月6日、日本子ども虐待防止学会、日本子ども虐待医学会とともに、「お⼦様と暮らしている皆様へ」と題して、子どものいる家庭向けの役立つメッセージを公開しました。

 

⼼の中の感情温度計をイメージする

心の中の感情温度計というのは、自分の苛立ちを0:安定、1:少し苛立ち、2:中等度苛立ち、3:著明な苛立ち、4:切れる間近、5:切れるの5段階で表したものです。自分の苛立ちをこの感情温度計でイメージして自覚することがポイントです。

 

このメッセージでは、5:切れる→誰かを頼りましょう、4:切れる間近→危険ではないことを確認して部屋を出るなど試みましょう、3:著明な苛立ち→子どもと距離をとりましょう、2:中等度苛立ち→リラクセーションを使いましょう、1:少し苛立ち→自覚しましょう、0:安定としています。


具体的なリラクセーションの方法例は、①深呼吸:できるだけ大きく吸って、20 秒以上かけてゆっくりと吐く。②力を抜く:肩を挙げて力を入れ、その後だらんと力を抜く③互いに手をもみ合ったり、背中をさすりあう、とのことです。また、夫婦で家にいる場合、苛⽴ちの度合いを感情温度計で測り合ってみることをすすめています。
 

子どもに対して

新型コロナウイルスの影響でストレスフルな生活を余儀なくされているのは子どもも同じ。ですが、うまくそのストレスに対処できず、困った行動に出てしまうこともあるかもしれません。このメッセージでは、⼦どもの不安・ストレスを理解するように努⼒してみること、⼦どもが話しやすい雰囲気や時間を作ることなどのアドバイスをしています。

加えて、「がんばっているみんなへ ⼤切たいせつなおねがい 」と題した子ども向けのメッセージも同時に公開しており、新型コロナウイルスのことや生活上のストレスのこと、虐待、差別などについて、子どもでもわかりやすい言葉で書かれています。ぜひお子さんと一緒にご覧になってください。

 

■「がんばっているみんなへ ⼤切 たいせつ なおねがい 」


困ったときには相談を!

このメッセージでは、⼦どものこと、家族のこと自分のことで悩みや疑問が⽣じたら、市区町村の⼦ども家庭福祉を担う部署への相談をすすめています。また、発達の偏りやメンタルヘルスの問題を抱えているお⼦さんに関しては、主治医に相談するようすすめています。

 


日本でも新型コロナウイルスの感染に小さなお子さんが感染したというニュースも聞かれるようになってきた一方で、子どもに関する新型コロナウイルスの情報も少ないというのが現状かと思います。不安が募るなかで、子どもとずっと一緒に過ごしていると余計イライラしてしまうことも多いかもしれません。そんなときは、先にあげた感情温度計で自分を見つめてみて、少しお子さんからはなれてみるのも一案です。少しでも安定した気持ちで過ごせるよう試みてくださいね。

 

■参考:日本小児科学会・日本子ども虐待防止学会、日本子ども虐待医学会「お⼦様と暮らしている皆様へ」
 

 

監修者・著者

助産師 REIKO


医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。



この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。