月6万の収入も!私は子どもが寝ている間に稼いでます【体験談】

2021/01/31 19:55
2
忙しい育児の傍ら、時間を見つけて在宅ワークをしているママの体験談です。子どもが寝ている間に、いくつかの仕事を掛け持ちして頑張っているそうです。仕事の内容や収入についても触れています。

在宅勤務

 

私は学生のころから、空いている時間を埋めるようにいくつものバイトを掛け持ちしていました。学校に行く前にコンビニバイト、放課後に塾のバイト、土日はイベントバイト、そして内職バイトを掛け持ち。すき間時間を見つけて働くことが好きな私は、現在1歳の娘の育児をしながらも働けないだろうかと、在宅ワークに目をつけたのです。

 

続きを読む

在宅ワークの必要性

娘は1歳でパパっ子なので、パパが休みの日にはパパに預けてバイトに出かけることができました。何度か単発で、1回4時間ほどの軽作業バイトを経験。しかし、どうしても仕事中も娘のことが気になり、早く帰って会いたい気持ちが強く、娘を預けて出かけるのがおっくうになってしまったのです。

 

せっかく娘と一緒に居られる貴重な時期ですし、娘が寝ている間に自宅で働けたら理想的だなと、在宅ワークの必要性をひしひしと感じました。

 

在宅ワークの種類

インターネットで検索をすると、本当にさまざまな種類の在宅ワークがありました。封入や梱包の仕事、広告をスクリーンショットする仕事など、コツコツ1件5〜10円ほどの仕事もありました。

 

しかし、どうせやるならもっと稼げそうなものをと思い、私が選んだのは、インターネット上でお客様とやり取りをする旅行代理店の仕事、メディア記事を書くライティング、模試の採点、コピペした情報をサイト上で紹介する仕事です。


実際の働き方

どの仕事も娘が寝ている時間におこなっているので、お昼寝の時間も使えます。旅行代理店の仕事はお客様の要望が届いたら、旅行プランを提案し、旅行が成約になれば歩合で報酬がもらえます。ライティングは書いた記事の本数、模試の採点は枚数でそれぞれ成果報酬。コピペの仕事はノルマがあり、200件の情報をサイトに載せれば1万円というような感じです。

 

旅行代理店の仕事をメインにお客様とやり取りをしながら、ライティングやコピペを締め切りに合わせて作業し、模試の採点はそのシーズンだけ集中するというように、うまく両立できる組み合わせにしています。

 

それぞれの仕事の案件が来るタイミングや、成果報酬の仕事もあるので毎月の収入に差がありますが、最低でも月に15,000円、多いときで月60,000円ほどになっています。

 

 

娘と一緒にいる時間をたくさん持ちたい! だけど、好きなものを存分に買いたいし、旅行にも行きたい! そのために育児と仕事を両立させて、少しでも家計にゆとりができるように、日々在宅ワークで楽しく奮闘中です。

 

 

監修/助産師REIKO 


著者:中村もこ

0歳女児の母。小学校教諭と旅行代理店、保険営業を経験。現在は保育の勉強をしながら、自身の体験をもとに、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード