暮らし 住まい 生活習慣 体験談 引っ越し

子どものためにやってよかったお家のアイデア3つ!唯一、失敗したのは…

1

三階建ての住宅

 

現在、6歳と3歳のやんちゃな男の子2人を育てています。先日、3階建ての戸建を建て、引っ越しました。3階建てに住むのは私も夫も初めてです。子どもたちと快適に住むことを考え、ハウスメーカーさんにいろいろ調整していただきました。お願いしてよかった!と思った施工の体験談をご紹介します。

 

続きを読む

とにかく転落防止!

3階建ての家を建てるにあたり、一番心配だったのは子どもの窓からの転落です。特にわが家は言っても聞かない男の子2人……。お友だちも元気な子が多いので、ふざけて3階の窓から転落事故なんていう事態は絶対に避けたいです。言い聞かせるだけではなく、物理的にも身を乗り出せないように窓の高さは110cmほどにしてもらいました。

 

「あんまり位置が高いと違和感があるかな」とも思いましたが、完成するとかえって陽の光が上から差し込むのでよかったです。また、ベランダに設置するエアコンの室外機の位置も子どもが乗って落ちないように、フェンス側から室内側に変えてもらいました。

 

電気は自動点灯のものを

電気はできるだけ自動点灯・消灯のものを設置することにしました。特に3階建ては階段も多くなるので、転落も怖いと思い階段はすべて自動点灯に。また、何度言っても消し忘れの多いトイレも自動点灯にしました。

 

引っ越し前はトイレから出てくるたびに「ちゃんと消した?」と確認していましたが、そのストレスからも解放されました。ただ、お友だちのお家に行ったときに、きちんと電気を消すように子どもたちに言い聞かせなければいけないと感じました。

 

家具・家電はそのままに

新居を建てるにあたり、今まで使っていた家具・家電はどうしようか悩みましたが、すべて持っていくことにしました。子どもたちが生まれたときから使っているもので思い入れもあったのと、そのまま新居でも使ったほうが子どもたちも新しい環境に慣れるのが早いと思ったからです。

 

家具・家電のサイズをあらかじめ測り、ぴったり入るように家を設計してもらいました。そのため、デッドスペースも少なくなり、結果的に新しい家具・家電を買うこともなかったので、節約になってよかったです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。