これ最強…! 蚊に刺されやすい息子に効果てきめんだった虫よけ対策

2020/07/11 16:55
164
お子さんが蚊に刺されやすくて困っていたママ。皮膚科に通うほど虫刺されが悪化してしまったある日、救世主となったのはある高校生の研究だったそうです。お子さんを救ったその方法や、どのぐらい効果があったのか紹介しています。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
生活習慣
体験談
安全対策
虫よけ対策

かゆみ止め

 

2人の子どもが蚊に刺されやすくて悩む日々。虫よけスプレーとリングを使っていたものの、保育園では十分な効果を発揮してくれませんでした。とうとう長男はとびひ(伝染性膿痂疹/でんせんせいのうかしん)になってしまい、皮膚科へ通うことに。蚊に刺されたあとは、1つ治ったと思ったらまた1つ悪化。そんななか、インターネットである研究結果を見つけたのです。

 

蚊に刺され、とびひになって皮膚科通い

6歳と2歳の子どもは、2人とも蚊に刺されやすいタイプ。無防備な状態だと、ベランダに出ただけで「かゆいー」となるほどです。虫よけスプレーとリングで何とかしのいでいましたが、しかしそれも保育園では不十分に。家に帰ると、蚊に刺されたあとが赤く腫れあがっています。寝ている間にかいてしまうため、なかなか治りません。

 

皮膚科で処方された軟膏はベタベタするので嫌がってしまい、とうとう6歳の長男はとびひになってしまいました。消毒のため皮膚科に通う日々。保育園のプールに入ることもできず、長男はつらい毎日を過ごしました。

 

ネットで見つけた高校生の研究結果

どうにかして蚊に刺されない方法はないか、私はインターネットで検索しました。すると、ある高校生の研究結果にびっくり。蚊の刺されやすさは、足にいる常在菌の種類に比例するというもの。アルコールなどで足を拭けば、蚊に刺されにくくなるというので、早速試してみました。

 

外出前にアルコール綿で足首から下を入念に拭きました。すると、効果はてきめん! 子どもは2人とも、蚊に刺される回数が以前の3分の1程度に減ったのです。


わが家の虫よけルーティーン

足の除菌方法を調べると、ジェルタイプでも有効とありました。アルコール綿を作るのは手間がかかるので、ジェルに変更。靴下を履く前に、足にジェルを塗ることにしました。慣れてくると子どもから「ジェルつけるよね?」と聞いてくれるようになり、靴下の近くにジェルを置いておくことですっかり習慣化することができました。

 

長時間外出するときは携帯用のジェルを持参し、昼食後に使用。虫よけスプレーやリングも併用することで、蚊に悩まされることはなくなりました。

 

 

虫刺されあとが赤く腫れるとなかなか治りません。子どもは夜中にかきむしってしまうので、刺されないようにすることが大切だと思いました。足の除菌は時間もお金もかからないので、とても助かっています。わが家の夏のルーティンになりました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 


著者:更田未央子

6歳と2歳の子を持つ母。看護師・保健師・養護教諭1種・FP3級の免許を取得。現在、高校生を対象とした学習塾の講師をしながら、FP2級を目指す。育児・教育・医療・金融・不動産について執筆中。


この記事にいいね!しよう

いいね!
164

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。