「そういうことだったのね!?」6年越しで謎が解けた…!2歳児のおもしろ名言

お子さんが2歳半のときに発していた謎の言葉「いちごたんたんしー」。その謎が喜びやかわいい思い出から、子どもの成長を記録しておくことの大切さが書かれています。

散歩している男児

 

4人きょうだいの第1子である息子がまだ2歳半だったころ、とても不思議な言葉をしゃべっていました。それは「いちごたんたんしー」。第2子の里帰り出産のために実家にいたので、祖父母と私は「いちごたんたんしー」が何のことか頭を悩ませていました。その謎が6年越しで解決したうれしい体験談です。

 

続きを読む

「毛の生えたひよこのおもちゃ」かな?

当時、息子が「いちごたんたんしー」と言いながら、絵本の毛虫を指さしたり、引っ張ると伸びるひよこのスクィーズのようなおもちゃを持っていたので、「いちご」は「毛やつぶつぶのこと」で、「たんたんしー」は「ひよこ」かなと祖父母と私は勝手に解釈していました。

 

また他にも「たんぴんぽー」が「ピーターパン」のことだったりと数日後に理解できることもあったので、そのうちわかるだろうと思い、謎は謎のまま忘れていきました。

 

6年後、ある虫の大量発生がきっかけで…

いつしか時は流れ、「いちごたんたんしー」のことも思い出と化していたころ、6歳年下の次男が2歳半になり、大発見が起こったのです。私たちの暮らす家は田舎のやや古い家なので、部屋の壁の隙間にとある虫が卵を産んでおり、大量発生したことがありました。

 

その虫とは、次男が大好きな「てんとう虫」です。てんとう虫を捕まえるたびに次男は「たんたんしー」と言っていました。次男が「たんたんしー」というたびに、忘れかけていた記憶がよみがえり、そしてつながりました。

 

6年の時を経てすべてがつながった瞬間

「いちごたんたんしー」とは、「いちごみたいな色のてんとう虫」のことだったのです。その事実を知ったとき、うれしくてひとりでニヤニヤしてしまいました。かわいくて仕方ないので、次男に何回も「これなあに?」とてんとう虫を指さし、「たんたんしー」と言ってもらうほどでした。

 

その後、息子と祖父母に報告し、懐かしさを分かち合ったり、4人の子どもたちとアルバムをめくりながら、それぞれの成長していく様や思い出話に花が咲きました。

 

 

あれからしばらく経ち、次男は「てんとう虫」とはっきり言えるようになりました。「いちごたんたんしー」は印象深かったので覚えていましたが、子どもたちが言っていた名言はたくさんあれども、すぐに忘れてしまうことが多いです。せっかくの思い出や成長なので、すぐに思い出せるようにしっかり記録に残していこうと思った体験でした。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:やましたくるみ

2男2女の母。結婚を機に田舎に移り住み、のんびり子育てを楽しみながら、自身の体験談を中心に執筆中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      我が家の次女、ある日から「たいわんの〜そ〜め〜ん」と歌い出すようになりました。台湾のそうめん?と何の事やら分からず不思議に思っていましたが、後にたまたまCDを聴いていた時に「Do you wanna … もっと見る
      我が家の次女、ある日から「たいわんの〜そ〜め〜ん」と歌い出すようになりました。台湾のそうめん?と何の事やら分からず不思議に思っていましたが、後にたまたまCDを聴いていた時に「Do you wanna build a snowman? 」だったことが分かりました。そう、「雪だるまつくろう」のオリジナル版だったというオチでした。
      +13 -0

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママネタの新着記事

  • PICKUP