手術の必要性が…!?複数の病院に行ったから判明した正式病名

2020/08/08 18:55
24
2017年生まれの女の子「んぎぃちゃん」のママ、「んぎまむ」さんの連載「んぎぃちゃんカレンダー」。んぎぃちゃんを妊娠中の様子から、出産、育児まで怒涛のんぎまむライフをお届けします。
カテゴリ│
マンガ
中カテゴリ:
体験談
マンガ
んぎまむ

2017年「んぎぃちゃん」爆誕! 初めての育児に奮闘中です。

 

んぎまむ161_1

 

んぎまむ161_2

 

※霰粒腫(さんりゅうしゅ)
まぶたの縁にあるマイボーム腺(脂質を分泌して涙の蒸発を防ぐ働きを持つ器官)が詰まり、そこにおかゆのような脂肪がたまって、まぶたにコロコロしたしこりができる病気。

 

んぎまむ161-3

 

んぎまむ161_4

 

生後11カ月頃、目の上のしこりが「類皮嚢胞(るいひのうほう/デルモイドシスト)」(※1)だと判明したんぎぃちゃん。

 

それは今すぐどうこうなるものではないが、
手術でなければ治らないとのこと。

 

すぐに手術するかどうかは判断できないが、とりあえず話を聞きに行こう…と

大きな小児専門病院への紹介状を書いてもらうことに。

 

たまたまズボラな性格で違う病院へ行ったりしたおかげで奇跡的に判明したけど…。

正確な病名がわかるまで…じつに4カ月が経過していました!

 

あんまり疑ってかかるのもよくないけど、よくならないな…とか、

勘が働いたときは思い切って他の病院で相談するのも必要なんだな、と学びました。

 

(※1)良性の腫瘍で様々な部位にできます。皮膚、汗腺、脂腺、毛などを含む腫瘍で円形、楕円形、のう胞様、円盤型等の形を呈します。治療は外科的に摘除することで、MRI検査などで診断されますが、最終的には摘出した組織の病理検査が必要です。
 

著者

イラストレーター んぎまむ


2017年1月18日生まれの女の子、「んぎぃちゃん」を子育て中。イラスト・漫画制作中心の在宅クリエイター。ベビーカレンダーでは、んぎぃちゃんを妊娠中から出産、育児まで怒涛のんぎまむライフを「んぎぃちゃんカレンダー」として連載中。

 



この記事にいいね!しよう

いいね!
24

現在ログインしていません。

マンガの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。