暮らし お金 家計管理

2人目はいつ産むのがいいの!?金銭面から考える、子どもの年齢差メリット・デメリット

58

家族のイメージ

 

お子さんが1人生まれたご家庭では、もう1人子どもを考えるケースもあると思います。実際のご相談でも、「経済的に2人目はいつ産むといいですか?」とご質問をいただくこともあります。

 

子育てのしやすさや体調、お仕事の状況などから、適切な年齢差もそれぞれあると思います。今回は、マネープランの観点から1歳差~5歳差までの年齢差の主なメリット・デメリットをお伝えします。

 

続きを読む

1歳差の主なメリット・デメリット

メリット

①受験などの行事が重複しない

②育児用品や衣料品を2人目に使いやすい

③市区町村からの就園奨励補助金が加算されやすい

④きょうだいが、同じ幼稚園・保育園の場合、割引を受けられる可能性がある

 

デメリット

受験などの行事が2年連続になり、学用品の購入や入試の費用も連続する

 

2歳差のおもなメリット・デメリット

メリット

①市区町村からの就園奨励補助金が加算されやすい

②きょうだいと同じ幼稚園・保育園の場合、割引を受けられる可能性がある

 

デメリット

受験などの行事は重複しないが、上の子の受験時期と下の子の入学時期(例:中学3年と中学1年)が重なる

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。