「えぇ!!夏まつり?!」こんな小さい子に参加させるだなんて…

2020/07/15 10:25
9
イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第362話。ある日、保育園の担任の先生から「夏まつり」について話があったそうです。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
やましたともこ

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

N子が保育園に慣れ始めた7月くらいのこと(だったと思います)、お迎えのとき、N子の担任の先生から「夏まつり」の存在を知らされました。

 

育児日記(4コママンガ)

 

今でこそ、夏といえば夏まつり!子ども大好き夏まつり!夏まつりのない夏なんて夏じゃない!!というくらい(わが家では)マストなビックイベントですが、当時の私は「夏まつり」からとても遠い場所にいて、夏まつりって何?誰が何するの?何のために?と意味のわからないネガティブな感情を抱いて「何それ?強制?」と思ったのを覚えています。(先生ごめん!)

 

私は乳飲み子を連れてお出かけすることが無理やったから、土曜日はパピーちゃんは仕事やし、普通に遠慮しようかなとか思いました。

 

そんな「N子とともこ(私)の初めての夏まつり」次回につづく〜

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。



この記事にいいね!しよう

いいね!
9

現在ログインしていません。

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。