医療 体験談 妊娠 切迫早産 病院

「嘘でしょ…寝たきりなんて」妊娠中、まさかの24時間点滴生活に【体験談】

3
8

「嘘でしょ…寝たきりなんて」妊娠中、まさかの24時間点滴生活に【体験談】

 

初めての妊娠。私は仕事をしながら、わが子が生まれるのを楽しみにしていました。そんな私がまさか切迫早産になるなんて……。病院での診断から、急に決まった1カ月半に渡る入院生活のこと、また入院でつらかったことや入院費についてなど私の体験談をお話しします。

 

続きを読む

異変を感じ病院へ

私が異変を感じたのは、妊娠28週のときです。その日は仕事中からなんだかおなかが張るなと気にはなっていたのですが、病院に行くほどではないと思い込んでいました。

 

ですが夜になってもおなかの張りは治まらず、夜中に痛みで目が覚めたことで「これはただごとではない」と感じ、夫に病院へ連れて行ってもらうことに。そして、そこで私は切迫早産の診断を受けたのです。その後はあっという間に病室へ連れて行かれ、点滴を打たれてしまいました。

 

1カ月半の間、24時間点滴生活!

切迫早産の入院生活は、基本的にウテメリンというおなかの張りを抑える点滴を24時間していなければなりません。私は、点滴の長期投与の負担で薬液が血管から漏れ、腕がパンパンに腫れてしまい、刺し直しをしすぎて両腕は穴だらけになりました。看護師さんたちも点滴を刺す場所がなくなり、困り果ててしまい……。

 

そして、赤ちゃんが出てこないようにベッドの上で絶対安静の生活です。起き上がるのは、トイレやシャワーのときだけ。ずっと寝たきりの生活でした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 私も切迫で3ヶ月程入院していました。 子宮頸管無力症ということで頸管を縛る手術をしましたが、それでも頚管長はどんどん短くなり、34週の時に胎嚢で見えている状態で子宮口も5〜6センチ開いていたそうですが… もっと見る
    私も切迫で3ヶ月程入院していました。
    子宮頸管無力症ということで頸管を縛る手術をしましたが、それでも頚管長はどんどん短くなり、34週の時に胎嚢で見えている状態で子宮口も5〜6センチ開いていたそうですが、なんとか無事に37週6日で予定して出産出来ました。
    入院する時は本当に突然、検査後から急に「入院してください」と言われてしまうので物理的なものは勿論、心の準備が全然出来ていませんでした。
    同じく切迫で入院している方々が1人、また1人とNICUのある大きな病院に緊急搬送されて不安になったり、コロナ禍で面会も出来ず社会から分断されて過ごすのはかなり苦痛でしたが、それでも無事に出産出来たのは運が良かったのかなと今でも思い返します。
    今妊娠中のお母さんたち、何か少しでも異変や痛みがあったら直ぐに産院で診て貰った方が良いです!
  • 私は妊娠19週から約4ヶ月間入院し、正期産の1日前に出産しました。周産期医療センターがある病院には、そういう妊婦がたくさんいます。ウテメリンよりも強いマグセントを投与されて、お腹の赤ちゃんのために副作… もっと見る
    私は妊娠19週から約4ヶ月間入院し、正期産の1日前に出産しました。周産期医療センターがある病院には、そういう妊婦がたくさんいます。ウテメリンよりも強いマグセントを投与されて、お腹の赤ちゃんのために副作用に耐えているママがたくさんいます。妊婦さん、自分は大丈夫と思わずに、入院の準備はしておいて。お腹の赤ちゃんを守れるのはあなただけです。
  • 記事もそうですが著者さんの経歴にびっくりしました!夫以外の第三者の精子提供での人工授精で出産って選択肢があるんですね。きっと色々悩んだうえでの妊娠で切迫早産なんて大変でしたね・・・💦

 
 

医療の人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。