暮らし 工夫 生活習慣 体験談 付き合い方 生活リズム 生理

「へーそうなんだ」ってそれだけ!?私の話に興味のない夫に悔しくなり…

育児中の生理のつらさをわかってくれない夫のイメージ

 

生理期間中の育児は何かとつらいもの。せめて生理期間中は、少し夫に家事や育児を頼みたい気持ちにもなります。今回は、ある表現を使い、生理日を夫と共有した結果、「生理期間中もきちんと家事・育児をしなければ」と縛られていた気持ちがラクになった私のエピソードをご紹介します。

 

続きを読む

納得! 生理のしくみは陣痛と同じ!

子どもが2歳半のころ。感情のコントロールが効きづらくなる生理期間中の育児は、子どものイヤイヤ期も重なって、心身ともに非常につらいものでした。

 

そんなとき、ふとテレビ番組を見ていたところ「生理」の特集が。その特集の内容は「生理のとき、子宮は陣痛時と同じような収縮の動きをしている。だから痛みがあるし、体もしんどくなる」というもの。それを聞いた私は「だから生理中ってこんなにもつらいんだ」と、すっと腑に落ちました。

 

興奮しながら伝えるも、夫の反応は…

それまで生理を理由に育児を休んだり、料理に手を抜いたりしたことがほとんどなかった私。「これはチャンス! 」とばかりに、夫に生理のつらさをアピールして共感してもらおうと思いました。

 

夫は立ち会い出産を経験しているし、生理は陣痛と同じしくみなんだと伝えれば、きっと夫にもこのつらさをわかってもらえるはず。少し興奮気味になった私は、いち早く夫にこの話題を伝えました。しかし予想に反して「へーそうなんだ」と、軽~い返事しか返ってきませんでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。