ダイエット中でも飲んでも良いお酒って?更年期太りのときに実践したい飲み方とは

ダイエット中でも、友だちとの付き合いや気分転換にお酒を飲みたくなることはあるでしょう。我慢は長続きしませんし、楽しい時間や気分転換はプレ更年期、更年期世代にはダイエットよりも大切かもしれません。そこで産婦人科医の善方裕美先生にじょうずなお酒の飲み方を聞きました。ダイエットに影響が出にくい飲み方を覚えて、楽しい時間を過ごしましょう。

この記事の監修者

医師善方裕美先生
産婦人科 | よしかた産婦人科院長

横浜市立大学産婦人科 客員准教授。日本産婦人科学会専門医。女性ヘルスケア専門医。日本骨粗しょう症学会認定医・評議員。約30年にわたって多くの悩める更年期女性と向き合い、更年期障害についてカウンセリング、HRT(ホルモン補充療法)、漢方薬、食事、運動、代替医療など多方面のアプローチで治療をおこなう。著書『最新版 だって更年期なんだもーん 治療編』(主婦の友社)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

 

お酒を飲むと太るの?

アルコール自体は1gあたり7kcalで、脂肪として蓄えられることはほとんどありません。

 

ですが、飲み過ぎるとアルコールの代謝に消化酵素やエネルギーを使ってしまい、一緒に摂取したおつまみの脂質や糖質が代謝されずに残り、蓄えになってしまいます。それが太る原因になります。

 

お酒自体の糖質量がダイエットに影響大

女性 ショック

 

アルコールは原料や作り方によって糖質量が変わり、ビールや日本酒は糖質を多く含む原材料が使われ、製品にも糖質が残るのでダイエット中には控えたいお酒といえます。ウイスキーや焼酎は蒸留酒で糖質が含まれていないため、太りにくいといわれています。

 

 

飲むお酒の種類と量を考えて

ハイボール

 

お酒を飲むときは種類と量を考えれば、ダイエットにあまり影響が出ずに楽しむことができます。お酒は蒸留酒を選び、割り物に甘いジュースなどを使わないのが鉄則です。

 

●OKなお酒

ハイボール(ジンジャーエールやコーラ割りはNG)

ウイスキー(ロックや水割りで)

焼酎(割り物は砂糖が入っていないものに)

ジン(ソーダ割りはOK。ただし、トニックウォーターは砂糖が含まれるのでNG)

ウォッカ(割り物は砂糖が入っていないものに)

ワイン(白は糖質が多いので、飲むなら赤を2~3杯)

 

まとめ

飲み過ぎは厳禁ですが、無理にやめる必要はありません。ダイエットに影響が出ないお酒を選び適量を飲むようしましょう。おつまみはチーズなどのたんぱく質やサラダがおすすめです。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


取材・文/アキモトスズ

「年齢より若いね~」と言われたこともあったけど、今や白髪、老眼、集中力の低下に悩む私はまさに更年期ど真ん中。食事と運動とマッサージを中心に健康と若さのキープ法を日々考え中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶