医療 体験談 出産 病気・ケガ 病院

出産翌日、赤ちゃんのあざに気づきショック…!生後3カ月でレーザー治療を受けて

10
21
生まれつき顔にあざがあった赤ちゃん。ママは赤ちゃんの顔のあざを治すために、どのような対処をおこなったのでしょうか。出産後から2年を経た現在の状態までのことをお話ししています。

顔のあざ

 

待ちに待ったわが子が誕生し、喜びも束の間、子どもの顔に“あざ”があると気づいたのは、生まれた翌日のことでした。子どもの顔にあざがあるなんて妊娠時には想像もしておらず、当時の私はとてもショックを受けました。ここでは、その後にあざを除去するために受けた、レーザー治療の体験をお伝えしていきます。

 

続きを読む

あざだと気づいたのは…

出産して数時間後から母子同室だったため、娘の顔を「かわいいなぁ」と見ていたのですが、そのときまぶたの上の一部分が赤くなっていることに気づきました。生まれたばかりの赤ちゃんの肌は薄く、赤っぽく見えるのでそのせいだと思っていました。


しかし翌日、医師から「まぶたが赤っぽくなっているのは生まれつきのあざ。1カ月健診のときにまた相談してみてください」と告げられたのです。

 

1カ月健診後、皮膚科を受診

娘のまぶたのあざは1カ月健診を迎えるころになっても薄くなったり消えたりせず、むしろ少し赤みが増していました。1カ月健診では、医師から「お母さんが気になるようだったら早めにレーザー治療をしている皮膚科に相談してみてください」と言われ、母子健康手帳に「瞼(まぶた)に血管腫あり」と記入されました。

 

その後、子どものあざのレーザー治療を扱っているクリニックを受診したところ、「このあざは時間が経っても消えないあざなので、レーザー治療をおすすめします」との診断でした。そのため、娘は生後3カ月でレーザー治療を始めることになりました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • うちの子も、生まれつきアザがあり生後4ヶ月からレーザー治療中です。 すでに数回うけていますが、いまのところ消える気配はありません。 産科と小児科と皮膚科とで言われることはバラバラ、医師に詳しいことは… もっと見る
    うちの子も、生まれつきアザがあり生後4ヶ月からレーザー治療中です。
    すでに数回うけていますが、いまのところ消える気配はありません。

    産科と小児科と皮膚科とで言われることはバラバラ、医師に詳しいことは分からないとかもう少し様子を見てと言われたこともあり、ネットで調べては、消えるのか?消えないのか?モヤモヤしたのを思い出しました。

    皮膚科も、レーザー治療できないところでは詳しく診て貰うことができないため(少なくとも私はそうでした)不安な人は早めに大きめの病院に行くしかないと思います。

    レーザー治療の効果も、すぐにでる子もいれば何回も受けて少し薄くなった程度の子もいたり様々なようで、確実に言われることは「薄くなることはあっても完全に消えることはない」と言うことです。

    数年かけて、これからも治療を続けていく予定ですが、アザも個性と受け入れて本人にも説明していけたらと思っています。
  • 我が家の長女(4人中3人目、今年20歳になりました)は、生まれた時に下唇に苺状血管腫というアザがありました。 生まれた時は下唇の左側が唇の色より赤みが強い程度でしたので、1ヶ月検診では苺状血管腫につい… もっと見る
    我が家の長女(4人中3人目、今年20歳になりました)は、生まれた時に下唇に苺状血管腫というアザがありました。
    生まれた時は下唇の左側が唇の色より赤みが強い程度でしたので、1ヶ月検診では苺状血管腫について詳しく説明を聞き、この状態であれば大きくなるにつれて薄くなり分からないほどになるでしょうとの事でしたが、3、4ヶ月検診、6~7ヶ月のころには大人の親指の爪の一回りほど大きくなりさらにどんどん膨らんでいき、スーパーボールほどの大きさまでになりました。ミルクが上手く飲めなくなり体重がほとんど増えなくなり大学病院へ紹介状を書いてもらい、受診をすると唇だけではなく唇の内側、歯茎の1部まで広がっていて、歯が生える時に出血がかなりするかもしれないとの事で、その日のうちに血液検査やCTなどの一通りの検査を受け、レーザー治療対象になり10日後に第一回目のレーザー治療をしました。当時、痛みをかなり伴うとの事で、眠くなるようなお薬を点滴で入れて唇の表面にだけ1%程度のキシロカイン軟膏を塗り30分かけて血腫の5分の1をレーザーしました。
    しばらくして目が覚めた娘は痛みがあるのか何をしても泣き止まずミルクを飲ませても泣きすぎて吐いてしまい、通常ならばそのまま帰れるのですが、赤ちゃんのミルクが飲めないのは致命的なことなのであまりないことではありますが、そのまま入院し、鼻から胃へ管を通しそこからミルクを注入し2泊3日して痛みも引いてきて少しづつですが口からミルクを飲もうとする意欲が出たので1時退院になりました。
    本来であれば次のレーザーは1ヶ月~2ヶ月後らしいのですが長女の苺状血管腫は大きさがかなりの大きさであることと毛細血管が集中しており、少しの傷でもダラダラと血が出てしまうので、第2回目は一回目から1週間後でした。
    その時主治医から2回目はミルクがこぼれず飲めるようにと残りの表面の唇の残りの血腫を全てレーザーするので1週間程度の入院を要することの説明を受け、泣いてる長女を抱きしめることしか出来ない自分を何度も何度も責め、当時の旦那(今は離婚しています)の親からは女の子なのにこんな傷(レーザー後はしばらくするとカサブタになりますよね)になってと責め立てられ当時の主人は長女が入院中上の二人は仕事で見れないため、車で3時間ほど離れた私の母が仕事を休み面倒を見てくれ、入院中1度も面会に来ることはありませんでした。
    2回目のレーザー治療が終わり退院する頃にはカサブタは残っているものの、スーパーボール程の血管腫がほとんど消えていて、初めて200cc近いミルクを懸命に飲む長女を見てやっとおなかいっぱい飲めたねと泣きながらミルクが飲めるおなかいっぱいになって笑顔で喜ぶ長女を抱きしめたものです。
    3回目は今度は唇の中と歯茎。これは唇より痛みが強いとのことでやはり入院しての治療でしたが不幸中の幸いか唇の中や歯茎は膨らみがほとんどなかったのでレーザーも弱めのレーザーでしたので、予定より早く退院出来ました。
    その後は2週間に1度の診察を数ヶ月経て3歳の七五三の頃には、え?そんな赤い痣なんかあったっけ?と言うくらいにまで小さくなりました。
    20歳になった今、長女には記憶にはありませんが、よーく見るとレーザー治療した部分は少し色が他のところより違うのですがほとんど分からない程度です。
    長女の頃には皆様が言うサーモンパッチというものは私は聞いたことがなく知識は古いかと思いますが、レーザー治療対象の痣と対象にならない痣があることは今でも変わらないと聞きます。
    記憶にないうちに治療をしてあげたことは、痛かったり苦痛だったりした記憶は子供には残りません。
    早い段階で痣のそんぞいに気づき治療をなさった質問者様は、とてもきちんとお子様の様子をしっかりと見ていたのだと思います。
    子供の小さなサインにも気づけたことはとても素敵なお母様ですね。
    根拠の無い大丈夫ですよという言葉は気軽には言えませんが、そういう経験をされたことで、この先、同じような状態のお子様をお持ちのお母様にアドバイスとしてご自身のお話をしてあげることで、安心や不安を少しでも取り除いてあげられるのではないかと思います。
    長々失礼いたしました。
  • 産後2日です。 娘を出産しましたがおでこに赤いアザが。 今のところ、看護師さんからはサーモンパッチと聞いていますが違う可能性もあると言うことでしょうか。 医師からは何も言われてません。 血管腫なら母子… もっと見る
    産後2日です。
    娘を出産しましたがおでこに赤いアザが。
    今のところ、看護師さんからはサーモンパッチと聞いていますが違う可能性もあると言うことでしょうか。
    医師からは何も言われてません。
    血管腫なら母子手帳にそのように書いていただけるのでしょうか。他の方も記載、質問されていますが、サーモンパッチと違うのか、ご意見いただけたら幸いです。

    そのうち医師に聞くにしても心の準備が。。。

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。