記事サムネイル画像

「4人目の出産だし余裕」と油断していたら…産休に入ってすぐにおなかの痛み!まさかの緊急手術!?

上2人は経腟分娩でしたが、3人目が帝王切開だったため、4人目の出産は手術の予定日を決めての帝王切開になる予定でした。それが、産休に入ったとたん陣痛がきてしまうなんて……。4人目なので余裕かと油断していた私の出産体験談をお話しします。

やっと産休へ。さあ出産の準備!

それまでに3回の出産経験があり、今回で4人目。上2人は経腟分娩、3人目は逆子が直らず帝王切開だったので、4人目は手術日を決めての帝王切開手術の予定でした。ずっと同じ産婦人科に通っていたため特に不安はなかったのですが、帝王切開既往で子宮破裂のリスクもあり、産婦人科からは陣痛がきたら危ないのですぐ連絡するようにとの指示。

 

妊娠35週で産休に入り、身の回りの準備、部活の送迎のお願いやお弁当、保育園バッグに入れる物の写真を撮っておくなど上3人の子どもたちの段取りをし、手術の数日前から実母にわが家へきてもらうようにしていました。

 

おなかが張る! 前駆陣痛!?

産休に入って5日目の夜、子どもたちと晩ごはんを食べているとおなかに違和感が。過去の経験から妊娠後期にはよくおなかが張っていたのですが、これまでとは違い落ち着いて座っていられないほどおしりのほうに痛みがありました。

 

それも10分おきぐらいに痛みの波がくるので前駆陣痛かと思いましたが、まだ手術まで11日もあったのでとりあえず様子を見ようとそのまま過ごし、夜中に突入。まったく眠れず朝を迎えました。朝はやっとの思いでいつものように子どもたちの準備をし、上2人は学校へ、下の子を保育園に送り届けました。

 

 

まさかの緊急手術へ

保育園に着いたときには涙が出るほどの痛みがあったので、子どもを預けたあと保育園の駐車場で産婦人科へ電話をしたところ、「すぐきてください」と指示がありました。痛みの波に耐えながらも自分で運転して産婦人科へ。念のため、家を出るときに入院準備の荷物も乗せていましたが、そのまま入院することに。

 

子宮口は開いていないけど、やっぱり陣痛がきていました。その日で妊娠36週1日。そのまま産婦人科で緊急手術することになり、夫に急いで連絡。夫も早い展開にビックリしていましたが、なんとか無事に出産することができました。

 

 

私の場合は事なきを得ましたが、過去2回の経腟分娩経験により、陣痛を我慢していたらそのまま出産になる危険性も。また、3人目を帝王切開していたため子宮破裂のおそれもありました。今思えば、陣痛かもしれない状況での運転はかなり高リスク。陣痛がきたときの自分の段取りもよく考えておけばよかったと反省しました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師 松田玲子

イラスト/キヨ


著者:松田みさと

長男と次男が15歳差の2男2女の母。仕事をしながら子育てに奮闘中。現在はライターとして、自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      陣痛タクシーの登録は先にしておくのがいいと思いますよ
    • 通報
      補足。まずはタクシーを呼んで、タクシーが捕まらなければ救急車を呼ぶべきかどうか産婦人科の指示を仰げば良かったのではないでしょうか。「すぐ来てください」は陣痛中の妊婦に運転しろという意味ではないと思いま… もっと見る
      補足。まずはタクシーを呼んで、タクシーが捕まらなければ救急車を呼ぶべきかどうか産婦人科の指示を仰げば良かったのではないでしょうか。「すぐ来てください」は陣痛中の妊婦に運転しろという意味ではないと思います。
    • 通報
      事故を起こせば他人を巻き込むことは大いにあります。体調が悪い時は運転するべきではありません。車は他人の命を奪える物です。

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶