マンガ 体験談 マンガ じぇにこ

言語聴覚士から発音を指摘され…【口唇口蓋裂ちゃん、育ててます110】

口唇口蓋裂の長女くぴこを育てています。
くぴこが生後11カ月のとき、初めて口唇口蓋裂の手術をおこないました。

 

生後1歳半を迎えたくぴこ。

口唇手術から半年が過ぎ、「ま」や「あ」「う」以外にも、

「ばなな」や「ばいばい」などいろいろな言葉を使い始めるようになり、
発音もだいぶハッキリしたものになってきて安心していました。

しかし、ある日言語外来で先生にこう指摘されました。

 

jeniko110-1-1

 

jeniko110-2

 

ちゃんと言えているように聞こえる発音ですが、
実はこれは本来唇の筋肉を使った「ば」という発音ではなく、
娘が喉を強く締め発声している可能性があると言われました。

 

jeniko110-3

 

まだ言葉を話し始めたばかりなので、

すぐに訓練が必要というわけではなく、
今後の成長や、口蓋手術を経て言語修正をするか判断していくと説明されました。

 

jeniko110-4

 

はたから聞いても娘は普通にお話できていると思っていたので、
言葉の発音に違和感があると言われたときはビックリしましたが、
この1年、ともに娘の発達を見てくれている先生が早期に気づき、

今後の方針も教えてくれたので少し安心しました。

 


2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


監修/助産師REIKO

著者

イラストレーター じぇにこ


1986年生まれ愛知県在住。2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。