「お迎えがいつも最後になってごめんね…」保育園の先生が現場で感じているリアルな本音とは!?

保育士の中田馨さんが、いつも保育園で最後のお迎えになってしまうママに向けて、お話ししてくれました。なぜママが罪悪感を持ってしまうのか、お迎えが最後なのは本当にかわいそうなのかなどをまとめて解説!


こんにちは、保育士の中田馨です。仕事をしているママにとって必要不可欠なのが保育園や保育所。閉園時間ギリギリになってしまうママは、特にお迎えのときにとても申し訳ない表情でこられる方もいます。

 

今回はそんなママへ向けて、実際に保育士の私が現場で感じていることを書きます。

 

続きを読む

ママが抱える罪悪感とは

お迎えの時間に申し訳ないと思うママの気持ちの中は、保育士への申し訳なさもあるでしょうが、何よりも最後にひとりになってしまった自分の子どもに対しての「罪悪感」であることも多いです。他のお家と比べて、子どもを長時間預けている今の自分の職環境に子どもを付き合わせてしまっていると感じているのかもしれません。

 

そんな気持ちのときに保育士から「いい子でしたよ」と言われると、さらに子どもへの申し訳なさは大きくなってしまいます。だからこそ「いつも最後ですみません」と言ったり、子どもに対しても「待たせてごめんね」といった言葉が出てきます。

 

こんな気持ちを持ってしまっているママに言いたいことは、「罪悪感」は持たないでくださいということ。まずは、保育士には「いつも最後までありがとうございます」、子どもには「待ってくれてありがとう」という言葉に言い換えることからスタートしてみましょう。

 

お迎えが最後なのは本当にかわいそう?

さて、お迎えが最後なのはかわいそうなことなのでしょうか? 子どもはママのお迎えが遅いと悲しい気持ちになってばかりなのでしょうか? もちろん、夕方になると次々と友だちがママと帰っていく姿を見ますので、悲しくなって泣いてしまう場面もあります。でもそれは、最初に帰る子ども以外はみんな感じること。子どもは1歳ごろになると、何となく自分が帰る順番がわかり始めます。「あ、〇〇ちゃんの次は自分だ!」とそわそわし始めたりもします。自分のお迎えがまだだとわかっているときには、遊びに集中している子もいます。

 

子どもは子どもで、時間の流れを感じながら夕方のお迎えの時間を過ごしています。そこで本題です。「お迎えが最後なのはかわいそうなのか?」ということ。これは保育士の立場から言いますと「NO!」です。その理由は、次の項目で書かせてもらいますね。

 

保育士さんに任せて大丈夫!

私が感じることは3つ。1つ目は、最後の子どもは先生を独り占めできるからです。なんなら、保育園に残っている先生全員を独り占めにできます。先生の注目が、すべてあなたの子どもに集中します。2つ目は、自分が好きな遊びに熱中できます。普段、順番が回ってくるまで待たなくてはいけない人気のあるおもちゃも、ゆっくりじっくり遊ぶことができます。3つ目は少人数だからこその遊びができます。

 

例えばうちの保育所の場合、0・1・2歳が同じ部屋、同じ空間で過ごしています。0歳児がいるときは、口に入れて困るような小さいおもちゃは出しません。逆に、動きが活発な2歳児がいるときに、0歳児用のベビージムを出したり、床でゴロゴロするなどスペースが必要なことはできません。

 

普段できない遊びをママが帰ってくるまでの間、じっくりできるのはお迎えが最後の子だからこそできることだと思います。なのでママは保育所に預けている間は「罪悪感」を持つ必要はありません。子どものことは保育士に任せて大丈夫です。
 

休みの日に親子の時間をたっぷりと

「罪悪感を持つ必要はありません」と言われても、やっぱり何だかスッキリしないときは、親子で過ごす時間を今より意識してみてください。お迎えのあと、家まで帰る道での会話でもOK。「今日はどんなことしたの?」「△△ちゃんのおかげでママ仕事がたくさんできたよ!」「今日のごはんはカレーだよ!」などどんなことでも構いません。

 

家に帰ってから寝るまでの時間も意識してみましょう。簡単なお手伝いを頼んでみるのもいいですね。お話して、食事して、お風呂に入って、一緒に寝て、そしていっぱい抱きしめてあげてください。
 

休みの日には、親子で過ごす時間が長くなります。どこかに出かけるだけでなく、家の中で過ごすことも親子の時間です。親子でゆっくりとゴロゴロしてもいいですね。休日は意識的に子どもがママやパパに甘える時間をたっぷりと取るようにしてみましょう。

 

 

ママは、家事・仕事・子育てと毎日頑張っています。頑張っている自分をまずは認めてみてください。勤務時間などの環境を変えることは難しいと思いますので、今ママができることからチャレンジしてくださいね。

 

 

イラスト/おんたま

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    保育士中田馨
    一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長

    0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中!

    同じ著者の連載

    • 通報
      たしかに仕事であればかわいそうとは思いません。こども頑張ってます。しかし、仕事と言って預けるのは構いませんが、熱がでても連絡がつかない。仕事が休みのときにも最後。そこはかわいそうな気がします。先生を一… もっと見る
      たしかに仕事であればかわいそうとは思いません。こども頑張ってます。しかし、仕事と言って預けるのは構いませんが、熱がでても連絡がつかない。仕事が休みのときにも最後。そこはかわいそうな気がします。先生を一人占め。気の合わない先生の時はそれはそれでかわいそうなところも
      (笑)なにつけても、こどもは頑張ってます。時間があるときにはギューして欲しいですね。
    • 通報
      お子さんを預かる側も、預けて他の園で勤務することも経験しました。 まだ、新米保育士だった頃、携帯もない時代。忘れられない事があります。担任していた4歳児Aくん、父母でお迎えの約束がきちんとされていない… もっと見る
      お子さんを預かる側も、預けて他の園で勤務することも経験しました。
      まだ、新米保育士だった頃、携帯もない時代。忘れられない事があります。担任していた4歳児Aくん、父母でお迎えの約束がきちんとされていない事がよくあり、閉園時間が過ぎても、来ない事がありました。いつもやんちゃな子ですが、その度落ち込んでいました。本当はルール違反ですが、父母の了解を得て、自分の車で自宅や職場に送っていました。
      ある時、連絡がつかず、やむなく自宅や職場に行っても、行き先が分からず…母の職場の方に伝言を残し、その子とファミレスで夕飯を食べることにしました。お腹が空いているはずなのに進みません。私は、普段どおりに接しました。
      閉園時間から2時間くらい経った頃、父親が申し訳無さそうにファミレスに来ました。その途端子どもの顔が晴れ、残りのご飯をパクパク食べました。
      翌年、その子の父は上の子たちも卒園していた事と末子に淋しい思いをたくさんさせてしまったので、最後の1年は頑張ると言って、保護者会会長になり、我が子だけでなく、保育園に貢献してくれました。その姿を見る度、子どもも誇らしげでした。
      また、同時期にBくんの場合も、お迎えに行かれないと度々電話があり、帰りに自分の車で、自宅兼職場に送りました。そうすると到着する前に決まって、眠るBくん。抱っこして、お母さんに渡すのですが、いつも瞼がピクピク、そう眠ったふりをしていました。嫌な思いやら甘えたい気持ちやら、そうやって表現していたのかなと思います。
      そして、私も母となり、預けて働く側になりました。1人目の時は、ほぼ日勤のみのフルタイムパートだったので、賑やかな時間にお迎えでした。4歳半差で下の子が生まれ、仕事復帰後は、切ない思いの連続でした。
      仕事は、正規職員になっていたので、7〜20時、+新園だった事もあり、会議は23時もざらでした。下の子のクラスの他のママたちは、みんな時短か、祖父母の迎えのためはやかったのです。わが子は、毎日最後でした。上の子は、最後までいても、いつもの友だちがいて、夕飯も一緒に食べられるのが楽しいと言ってくれました。
      そんな時、また最後のお迎え…夕飯やミルクも終わり、ホールで全園児一緒に過ごしていました。私と年の近い保育士が下の子を抱っこして、舞台に上がり「まねっこしてね〜」と下の子に色んなポーズを取らせて、大きい子たちが真似をして、ゲラゲラと笑っていました。上の子が1番後ろに座って、嬉しそうに見ていました。
      それを見た私は、嬉しくて、溢れそうな涙を必至にこらえました。
      下の子を抱っこしていた保育士は、担任ではありません。上の子の担任になったこともありません。でも、保育士として、普段から情報交換したり、同じママ保育士として、いつも話している保育士でした。
      転園前に2人が通っていた小さな保育園もですが、本当にいくつもの愛情で育ててもらえた子どもたちです。
      保育園だけでは間に合わず、ママ友と協力し合ったり、私の同僚に送迎や遅い時間の預かりをしてもらったりと、感謝しきれないです。
      なので、仕事が休みの日は、平日でも絶対に保育園を休ませ、子どもたちと過ごしました。
      まもなく分け合って、転居となりました。20歳を超えた上の子は、当時の事をよく覚えていて、色んなお家に行って、楽しかったと言います。
      これはあくまで、わが家の場合で、毎日悲しい思いをしているお子さんと親御さんがいるのは、確かです。考え方を変えてとか、言い方を変えても、その気持ちは変えられません。私は、保育士としても母としても、ありまのままの気持ちを受け止め、吐き出してきました。表向きを変えても、子どもは察知します。その上で、気持ちを切り替え、良かったと思っています。
      …父親ですか?たまに迎えに行き、子どもたちの世話をして、一緒に寝ていました。翌朝決まって「何時まで仕事してんだ!辞めちまえ!」何も言えない私でした。今はそいつを捨てました(^^)
      今現在、子育てをしているママさん、パパさん、そのままで大丈夫です!無理に変えなくても大丈夫です!
      +29 -6
    • 通報
      独り占めしたいのは先生なんかじゃなくお母さんだったし、遅くに帰ってくる両親はそれだけ疲れているということも5、6歳の頃には分かるから甘えるどころではなかったし、正直言って負担でしたね。 でも親だって頑… もっと見る
      独り占めしたいのは先生なんかじゃなくお母さんだったし、遅くに帰ってくる両親はそれだけ疲れているということも5、6歳の頃には分かるから甘えるどころではなかったし、正直言って負担でしたね。
      でも親だって頑張っているんだから、子供にだって少しくらい負担させることは悪ではないと思います。家族は皆で頑張るべきだと思うから。
      +22 -25

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママトピの新着記事

  • PICKUP