「まじっすか!」カフェの前で立ち話→忍び寄る女性。その言葉に衝撃!

生理痛がないということは、素晴らしいこと!でも、その分ちょっと油断しがちで、生理中であることを忘れてしまうことも。この体験談の女性も、生理2日目であったにもかかわらず、ちょっと油断してしまったようで…。

26歳のときのことです。私は生理痛がほとんどないので、生理2日目でも元気に過ごしていました。そんな私が、カフェで友人とお茶をしたときに、失敗をしてしまったのです。

忍び寄る女性、その言葉に衝撃!

忍び寄る女性、その言葉に衝撃!

ちなみに、3時間いたカフェでも、トイレには行っていませんでした。それに、カフェにいる間も、立ち話をしている間も、まったく漏れてる感じがしなかったので、女性から声をかけられたときは、本当にビックリでした。

 

でも、カフェに出るときや、立ち話をしてるときに、何人の方が私の真っ赤なおしりに気づいたのだろうと思うと、恥ずかしいです…。 たあ、声をかけてくれた女性には本当に感謝しています!

 

原案/中山さおりさん

作画/モリナガアメ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターモリナガアメ

    動物とゆめかわが好きな漫画家。自身の場面緘黙症の経験を綴ったコミックエッセイ「かんもくって何なの!?」「話せない私研究」発売中。グッズ制作やデグーの漫画を描いたりもしています。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP