モリナガアメの記事

マンガ家・イラストレーター

モリナガアメ

動物とゆめかわが好きな漫画家。自身の場面緘黙症の経験を綴ったコミックエッセイ「かんもくって何なの!?」「話せない私研究」発売中。グッズ制作やデグーの漫画を描いたりもしています。

記事(54)
「病弱アピール?ウザッ」私のこと…?誤送信で友人の本音を知ってしまい…
私が高校生だったころのお話です。生理2日目は生理痛のピークで、薬を飲んでもつらさが表に出てしまうことがよくありました。そんなある日、友だちと遊びに行く予定を立てていたのですが、ちょうどその日に生理が当たってしまい……。友人たちは心配してくれていた様子だったのですが……。
「ええい、使ってしまえ!」外出先で思わぬ事態!大ピンチを救ったアイテムとは…
妊娠して止まり、母乳育児のせいか産後もなかなか再開しなかった生理。はじめは心配して、ネットで「産後 生理再開 いつ」などと検索することもありましたが、1年を超えたあたりからどこかふっきれ、いつしか生理のことを思い出すこともなく、生理のない快適な生活を受け入れて過ごしていました。すっかり気を抜いていたなかで突然、生理が再開! ピンチを救ってくれたのは、意外なアイテムでした!
「保健室で休みたい」男性教師に伝えると、返ってきたのは信じられない言葉で…!?
学生時代のお話です。私は生理痛が重いほうで毎月、痛み止めを飲んでなんとか乗り切っていました。そんななか、痛み止めを飲んでもよくならなかったときが。授業を受けられる状態ではなかったので「保健室で休みたい」と先生に伝えたのですが、衝撃の答えが返ってきたのです。
「じゃあ先生とするか!」え?貧血を男性顧問に伝えると…驚きの指示が!?
高校生のころ、私はバレーボール部に所属していました。3年生が引退して私たちの代がメインになったとき、私が体調を崩したことをきっかけに部活のみんなに迷惑をかけることになってしまった体験談です。 1年前に代わった新しい顧問は、30代の男性体育教師でバレーボールに精通した方。気さくで話しやすい先生だったのですが……。
PICKUP