妊娠に気づかず人工授精をしてしまった…おなかの子に影響は?【体験談】

2020/12/28 10:25
4
不妊治療で人工授精をしていたママ。2回目の人工授精後、生理が来たと思い3回目の人工授精にトライしたそうです。しかし実際は2回目の人工授精で妊娠されていたようです。おなかの赤ちゃんへの影響や反省点を紹介しています。

妊婦さんとお医者さん

 

生後9カ月の息子は、人工授精で授かりました。合計3回の人工授精をしたのですが、2回目の人工授精で妊娠したことに気が付けず、さらに人工授精をおこなってしまうという体験をしました。そうなってしまった経緯と自分なりの反省点をお伝えします。

 

続きを読む

2回目の人工授精後、いつもと違う生理

約1年半、タイミング法の指導を受けましたが妊娠には至らず、人工授精へステップアップしました。2度目の人工授精後、生理予定日を少し過ぎたときに出血があり、「今回も妊娠できなかったな……」とガッカリ。通常だと次の周期の人工授精に向け生理5日目から排卵誘発剤(クロミッド)を飲みますが、そのときの生理は出血が少量でいつを生理開始日とするか微妙で、クロミッドを飲むタイミングを失ってしまいました。

 

クロミッドを飲まず、生理が始まったであろう日から2週間後にクリニックを受診しました。クロミッドを飲んでいないので排卵をするか不安でしたが、先生は「卵巣は膨らんで子宮の内膜も厚くなってきていて排卵の準備ができています。今回も人工授精できますよ」とのこと。その数日後、3回目の人工授精をしました。

 

3回目の人工授精後に体調変化が

3回目の人工受精直後から、胸やけのような気持ち悪さが続いていました。妊娠初期症状のような気もしましたが、「さすがに初期症状が出てくるには早すぎる」と思い、ただの体調不良だということにしてあまり気にしていませんでした。

 

しかし体調不良は続き、早い気がしましたが3回目の人工授精から2週間後に検査薬を試すと、くっきりと陽性反応が……!

生理予定日を少し過ぎたころに、不妊治療をしていたクリニックを受診しました。まだ妊娠4週6日のはずが胎嚢も心拍も確認ができ、先生からもこのタイミングで両方確認できるのはかなり珍しく胎児も大きめと説明を受け、順調に育っていることを伝えられて安心した私。仕事で午前休が取れた3日後に第1希望の産院を受診することにしました。

 

先生から衝撃の事実を聞く

産院で赤ちゃんの様子を見てもらうと、妊娠5週の大きさではなく、妊娠9週目相当とのこと。「3回目の人工授精ではなく、2回目の人工授精で妊娠していたと思いますよ」という衝撃の事実を告げられました。ということは、2回目の人工受精後に生理だと思っていたのは不正出血……。

 

そして、3回目の人工授精後に服用したホルモン剤や抗生物質は、おなかの赤ちゃんに悪影響はないのか……不安でいっぱいに。さらに第1希望だったこの産院は、現在9週の週数での出産予定日だともう予約が取れず、他の産院を探すことになってしまいました。


再度不妊治療をしていたクリニックへ

後日、紹介状を頂くために不妊治療をしていたクリニックを訪れて、改めて診察してもらうと「この大きさだと、2回目の人工授精で妊娠していたみたいだね。僕も長く治療をしているけど、こんなことは初めてで……反省しなきゃいけないね」と先生は言ってくれました。私も生理と思い事実を伝えていなかったので、先生に謝っていただくなんて申し訳ない気持ちに。

 

「私も勘違いがあり、すみません」とお伝えし、気になっていた人工授精後に服用した薬について尋ねると、赤ちゃんに影響はないとのことでした。その後妊娠中も出産後も大きなトラブルはありませんでしたが、人工授精後に量が少ないとはいえ生理だと思っていたのが不正出血だったので、不妊治療中でいつもと違うと感じることがあれば、ちゃんと先生に相談しようと反省しました。

 

 

不安もありましたが、無事に2020年1月に元気な男の子を出産しました。最近第2子を考えるようになり、また同じクリニックに通っています。前回と同様、いつもやさしくニコニコと診察してくれる先生。またこの先生から「妊娠ですね。おめでとう!」と言ってもらえる日が来ると良いなあと思っています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:森まり子

0歳の男の子のママ。本業は育休中で、現在は子育てをしながらライターとして活動中。主に子育て・共働きに関する体験談や、ママ向けの美容記事を執筆している。


この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。