「福祉事務所から来ました」まさか、虐待を疑われている…!?突然の児童相談所の訪問にビックリ!

わが家が引っ越しをして間もないころのできごとです。そのころ、末っ子の長男はまだ1歳くらい。お風呂が大嫌いで、毎回大泣きをしていました。そんなある夏の日、突然児童相談所の訪問を受けてしまいました。そのときの体験談をご紹介します。

福祉事務所の訪問

 

続きを読む

誤解の原因は子どもの「お風呂嫌い」

息子は3歳くらいまでお風呂が嫌いでした。特にシャンプーは大嫌いで、シャンプーハットをかぶっていても顔が濡れるのが怖かったのか、毎回かなり盛大に大泣きをしていました。


引っ越したばかりで、ご近所さんとはあいさつをする程度の間柄でしたが、顔を合わせたときには「いつも子どもが騒がしくてすみません」と声をかけていました。このときの言葉の足りなさが、児童虐待疑惑を生んだ原因だったのではないかと思います。

 

突然の児童相談所訪問にびっくり仰天!

不思議なもので、お風呂は嫌いでもプールは大好き。庭で息子をビニールプールに入れて遊ばせていたときのことです。「こんにちは」と庭先から声をかけられました。あいさつを返しながら見てみると、そこにはにこやかな笑顔を浮かべた中年の男女の姿が……。

 

「県の福祉事務所から来ました」「福祉事務所……ですか?」男性の言葉に首をかしげていると、男性は衝撃のひと言を発しました。「はい。児童相談所です」と。

 

無用の誤解を避けるためにできること

福祉事務所の訪問

 

児童相談所の方の説明では、「近所に毎日子どもが泣き叫んでいる家がある」と、いわゆる「虐待の通報」があって訪問されたのだとか。そのときの児童相談所の方がチェックされていたのは「子どもの体にケガやアザがないか」でした。

 

息子のお風呂嫌いのことを説明し、相談所の方が息子自身とも話をした結果、誤解だとわかっていただけて、ホッとひと安心。こういう誤解による通報もけっこうあるとのお話でした。

 

 

誤解が解けて安堵する一方で、ご近所の方に息子が毎日泣く原因を具体的に話しておけば無用な誤解は生まれなかったと、自分の言葉の足りなさを反省するばかりです。

 

 

イラスト/(c)chicchimama

監修/助産師REIKO


著者:恋瀬たまこ

一男二女の母。商業簿記、珠算、アマチュア無線技士の資格を持つ。自身の経験をもとに妊娠・出産・子育てに関する記事を執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      9カ月の息子は離乳食の途中でギャン泣きしたり、ちょっと離れるとまたギャン泣きで、抱っこしてもなかなか泣き止まないことがしょっちゅう。アパート住まいなので住人に通報されないか毎日ヒヤヒヤ。住人に会うたび… もっと見る
      9カ月の息子は離乳食の途中でギャン泣きしたり、ちょっと離れるとまたギャン泣きで、抱っこしてもなかなか泣き止まないことがしょっちゅう。アパート住まいなので住人に通報されないか毎日ヒヤヒヤ。住人に会うたびに何で泣いてるのか説明するのもおかしい気がして挨拶程度しか話さないけど、虐待疑われて訪問されたらかなりショックだな…このご時世仕方ないんだろうけど
      +33 -2
    • 通報
      ご近所さんに説明していたとしても、子供の鳴き声が聞こえてる時点で虐待を疑われても仕方ないのかもしれません。 逆に保険福祉の方も訪問されているのを知って安心しました。 赤ちゃんや小さい子供が大泣きする事… もっと見る
      ご近所さんに説明していたとしても、子供の鳴き声が聞こえてる時点で虐待を疑われても仕方ないのかもしれません。
      逆に保険福祉の方も訪問されているのを知って安心しました。
      赤ちゃんや小さい子供が大泣きする事は普通の事なのですが、このご時世どうしても虐待は切り離せない問題ですからね。
      +29 -3

  • あわせて読みたい記事

    ママネタの新着記事

  • PICKUP