暮らし 工夫 生活習慣 体験談 付き合い方 生活リズム 生理

「俺の血じゃないよ」気まずそうな彼、顔面蒼白になり「まさか…!?」

4

彼の家でピンチに見舞われた女性のイメージ

 

まだ17歳のころ、5歳年上の彼の家に遊びに行ったときの出来事です。彼の部屋で漫画を読みながら、のんびり過ごしていました。新しい漫画を取りに行き定位置へ戻ると、じゅうたんに赤いシミが。 そのシミを見て、なぜか彼が鼻血を出したと思い込んだ私は、「大丈夫!?」と駆けよりました。すると、彼から思いもよらぬ言葉が飛び出したのです……。

 

続きを読む

生理周期を把握していなかった私

心配した表情の私に、気まずそうな彼が「俺の血じゃないよ」と一言。その一瞬で生理がきてしまったと理解し、顔面蒼白になりました。恥ずかしさと申し訳なさでいっぱいになりながら必死に謝ると、「大丈夫だから。トイレに行っておいで」とやさしく促してくれました。

 

彼はひとり暮らしだったのでナプキンなど置いてあるはずもなく、とりあえずトイレットペーパーをあてることに。

 

一緒にシミを落としてくれた彼

トイレから戻ると、じゅうたんについたシミを落としてくれている彼の姿がありました。うれしいやら恥ずかしいやら、複雑な気持ちに……。一緒にシミを落とし、なんとか気にならない程度に薄くなったので、とても安心したことを覚えています。

 

そして、掃除が終わりナプキンを買いに行ってくると伝えると「俺が行ってくるから、休んでて」と彼が買いに行ってくれたのです。男性にナプキンを買ってきてもらうのは少々気が引けましたが、彼の言葉に甘え、家で休ませてもらうことに。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。