胸が垂れて戻らない!?産後、ノーブラ生活を続けて大後悔した体験談

2021/01/23 21:25
2
日々の忙しさから自分のことを後回しにしてしまい、ノーブラ生活に行き着いてしまった双子ちゃんのママ。結果、大きな代償を払うこととなってしまい、後悔が残ったという体験談です。

胸が垂れて戻らない!?

 

5歳の双子の息子と3歳の娘の3兄妹を育てています。双子を出産後、寝不足が続き、ひたすらミルク、おむつ、抱っことめまぐるしく過ぎる日々のなか、自分の身なりはすべて後回しに。ラクさから、外出時以外ノーブラで過ごすようになりました。ただ、ノーブラで過ごした結果、大きな代償を払うことに……。そんな後悔が残ることになった失敗談をお伝えします。

 

続きを読む

産後の忙しさから、ブラを放棄…

双子を出産後、日々の生活に追われ、寝不足が続く毎日でした。外出する余裕もなく、毎日家の中で過ごしました。 母乳は少量しか出ず、育児用ミルクを中心に育てていたので、母乳がしみ出してくることもありません。

 

妊娠からサイズの大きくなった胸に下着を着けることすら面倒くさく感じるようになり、ノーブラで過ごすことが増えていきました。真冬だったため、見た目でもわからないのでまったく気になりませんでした。締め付けもなく洗濯物も減るので、ラクだったのです。

 

母からの助言ももらったのに…

あまりに自分の身なりを放置している私を心配し、「産後引き締めておかないと、胸もおなかも垂れちゃうかもよ?」と母から助言をもらったにもかかわらず、何もかも面倒に感じていた私はそのままノーブラ生活を続けていました。

 

しかし、双子が生後7カ月になってしっかり夜寝てくれるようになり、少し自分のことに目が向けられるようになったときにびっくり! 胸は垂れ、下っ腹はぽっこり。あまりに変わりきった体にショックを受けました。


産後、しっかり引き締めればよかった

慌ててブラジャーや骨盤ベルトを毎日着けるようになりましたが、ぽっこり下っ腹は多少戻ったものの、胸は垂れたまま……。面倒くさがらず、しっかり引き締めをおこなえば、もう少し違う結果だったのではないかなと私はものすごく後悔しました。

 

その失敗から学び、3人目の産後は、ブラジャーも骨盤ベルトもしっかり着けました。すると、下っ腹のぽっこりは放置していた双子の産後より、ずっと早く戻った気がします。残念ながら、胸は垂れたままですが……。

 

 

初めての育児で気持ちに余裕がなくなり、さまざまなことに面倒くささを感じてしまうようになっていました。しかし、産後の引き締めは面倒くさいからと放棄していいものではありませんでした。垂れてしまった胸はいつ鏡を見ても残念な気分になります。今後も肌のケアなど後悔しないようにしたいと思います。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:桜田はな

双子男児と女児1人の母。子育てやサブスク関係のライターとして活動中。


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード