やばッ!トイレから動けず、遠のく意識…30分も泣かせたままにした娘にごめんね

現在2歳の娘を育てています。娘が生後3カ月のとき、私がトイレで動けなくなくなってしまうという事態が起こりました。原因は、私が自分の体調管理を怠ったばかりに悪化した「便秘」。悪化しすぎた便秘のせいで泣く娘のもとに駆けつけられず、本当に反省した出来事でした。

やばい!トイレから動けない⋯!30分も泣かせたままにした娘にごめんね

 

気づかなかった自分の便秘

娘が生後3カ月のとき、夫も忙しく私はずっとワンオペの状態でした。初めての育児で手探り状態だったこともあり、常に自分のことより娘優先。そのため、そのときの私は自分の体に起こっていることにまったく気づきませんでした。

 

それは何かと言うと「便秘」。私は子どものころからひどい便秘でしたが、大人になってからは日々対策をして解消していました。しかし産後は自分の便秘対策に気を使う余裕がなくなり、日々の忙しさにかまけて、つい自分の排便がいつあったかなんて忘れていました。

 

トイレで動けない! 意識が遠くなって…

ある日、無性におなかが痛くなり、娘をリビングに残してトイレに駆け込みました。そのときに「あれ? 私いつから出てない……?」と思い返すと、2週間近く便秘の状態だったことに気づきました。

 

それから数分でどんどんおなかが痛くなり、冷汗が出て指先が冷たくなっていき、意識も薄くなっていったのです。「やばいやばいやばい……!」。悪化する症状にどんどん焦りますが、夫は仕事、近くに住む義両親に連絡はつきません。娘の様子が見えるようにドアは開けていましたが、リビングでは娘が泣き始めてしまいました。

 

30分後に娘の顔をみて「ごめんね」

泣く娘の声に動揺しましたが、意識もうろうの私はもうその場から動けません。「ごめんね……! ごめんね……!」とかすれた声で叫びました。これまで何度も同じ状況になったことがある私は知っていました。残された方法はもう、たまった便を出すことだけだと。

 

とにかく頑張っていきみ、30分後に便が出て一気に症状も改善しました。ヘロヘロの状態で娘のもとへ行くと、顔を真っ赤にして泣いている娘。抱きかかえて「ごめんね…!」と謝り、同時に何もなかったことに安堵しました。

 

 

例え娘が優先であっても、自分の体調管理を怠ってはいけないと心に刻んだ一件でした。もし娘が寝返りを始めた時期だったら、この間にうつぶせになって窒息していたかもしれません。そう考えると本当にゾッとします。これ以降、多少娘が泣いても自分の便秘対策はしっかりとするようになりました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:水田 真理

アレルギー持ちな娘の母で元理科の塾講師。子育てはできるだけ家にあるもので、娘と楽しめるように日々創意工夫を実践。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      私は貧血で倒れた事があります。別室にいた夫が泣き続ける子に気づいて来てくれましたので、事無きを得ましたが。 親が元気でなければ、子どもも元気にできないものね。娘さんはお母さんを心配して泣いていたのかも… もっと見る
      私は貧血で倒れた事があります。別室にいた夫が泣き続ける子に気づいて来てくれましたので、事無きを得ましたが。
      親が元気でなければ、子どもも元気にできないものね。娘さんはお母さんを心配して泣いていたのかもしれませんね。
    • 通報
      特に母乳育児の方は要注意ですよね…
      私も同様の事があって以来は意識して水分を摂ってます。
      お腹がゆるくなるのは嫌ですが、それよりも便秘は本当に危険です⚠️

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶