手術を受ける娘が不安にならないように…明るく接し、笑顔で見送ることに

2021/03/09 17:55
43
「口唇口蓋裂ちゃん、育ててます」127話です。いよいよ手術当日になりました。本当は不安でいっぱいなママも、くぴこちゃんが怖がらないようにと必死で笑顔と和やかな雰囲気を作って送り出すことに……!
カテゴリ│
マンガ
中カテゴリ:
体験談
マンガ
じぇにこ

朝の検温も終わり、術前検査から前日まで一番心配していた体調も問題ありませんでした。そして、最後の小児診察などを無事に終え、いよいよ手術当日を迎えることになりました。

 

それでも直前までどうなるかわからない……。そんな不安はぬぐいきれません。

 

そんな私に、手術室に向かう1時間ほど前に手術着を渡しに来た看護師さんが、こんなアドバイスをくれました。

 

jeniko127-1-1

 

前回の口唇手術のときも不安そうな顔をしていたくぴこ。

 

手術室の重い扉の向こうでこれから、ひとりで手術を迎えるくぴこの「怖い」という気持ちは2歳間近ともなると、もっと大きく感じることでしょう。

 

そこでそばにいる私が不安で顔をしかめていたら、ますます娘が怖がってしまう。

 

そう気付かされたので……。

 

jeniko127_2

 

術着に着替えてから手術室に向かうわずかな時間の間でも、くぴこにとって少しでも和やかになるようにできるだけ明るい話題にし、明るく接するようにしました。

 

付き添いの看護師さんもやさしくあいづちを打ってくれて、会話の流れではすこしだけ娘も笑ってくれました。

 

jeniko127_3

 

手術室の前で名前の確認を済ませて、手術室へとくぴこを預ける際もできるだけ明るく、「待ってるからね!いってらっしゃい」と見送る私を、最後は不思議そうに見ながら看護師さんに抱っこされて、くぴこは手術室の中へと入っていきました。

 

jeniko127_4

 

ここまできたらもうあとは無事をひたすら祈るだけ。

 

何ごともないように願いながら手術の時間を迎えました。

 


2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


監修/助産師REIKO

 

著者

イラストレーター じぇにこ


1986年生まれ愛知県在住。2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!



この記事にいいね!しよう

いいね!
43

現在ログインしていません。

マンガの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。