3時間半という長い手術が終了!術後の弱り果てた娘の姿に思わず涙が…!

2021/03/23 19:25
78
「口唇口蓋裂ちゃん、育ててます」129話です。前回は先生から手術中に突然の連絡があり、急遽追加でレチナを鼻に縫い付けるという処置をおこなうことに。そして、ようやく長かった3時間半の手術が終了。ママとパパはくぴこちゃんに駆け寄りますが……!?
カテゴリ│
マンガ
中カテゴリ:
体験談
マンガ
じぇにこ

鼻の穴にレチナを直接縫い付けるという追加処置の連絡を受け、動揺が走りましたが、3時間半の手術を終え、くぴこが手術室から戻って来ました。

 

jeniko129-1-1

 

小児用ストレッチャーに乗って病棟に戻ってきたくぴこ。
 

昨年のような泣く声など聞こえないので、名前を読んで駆け寄り覗き込んで見ると……!?

 

jeniko129_2

 

HCUへ先回りし、ようやくくぴこを抱っこして迎えることができました。
 

ですが……。

 

jeniko129_3

 

粘ついた分泌液を口内いっぱいに出し、血だらけのような口元で目にいっぱい涙を浮かべて泣きながら、「おんも……おんも」とか細い声で訴えてくる姿は、手術前との姿とあまりに違いすぎて思わず夫婦で言葉を失いました。

 

jeniko129_4

 

昨年の口唇手術のことを踏まえて、術後に動揺しないよう覚悟をしていたつもりでした……。

 

しかし、戻ってきた娘の姿は想像以上に痛々しく、あまりに弱々しく、か細く泣いてすがる姿を前に、その手を取りながら夫婦ともに涙が止まりませんでした……。

 


2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


監修/助産師REIKO

 

著者

イラストレーター じぇにこ


1986年生まれ愛知県在住。2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!



この記事にいいね!しよう

いいね!
78

現在ログインしていません。

マンガの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。