助産師が教える! 絶対使える冬生まれ赤ちゃんおすすめグッズ

助産師・ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、冬生まれ赤ちゃんにおすすめなグッズについてお話ししています。赤ちゃんとママが快適に過ごせるものを詳しく解説!

この記事の監修者

助産師榎本美紀
国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー

2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業しました。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援しています。訪問時の相談は、母乳だけではなく離乳食や抱っこひも、スキンケア、寝かしつけなど多岐にわたることも。また、おむつなし育児アドバイザーとして、トイレトレーニングなどの相談も受けています。自身も一児の母として奮闘中です。

冬生まれ赤ちゃんにおすすめなグッズのイメージ

 

冬生まれの赤ちゃんを子育て中のママは、寒さなど気を使うことも多いかと思います。今回は、たくさんのママたちからのお話や自身の経験から、おすすめするグッズをご紹介します。

 

続きを読む

レッグウォーマー

赤ちゃんは一般的には手足で体温調整しているので、室内では靴下は必要ないとされています。また、靴下は足を温めても汗をかくことによって靴下が湿り、それが冷めることによって脚が冷えることもあります。レッグウォーマーなら汗をかきやすい足底が空いていて、体温調整がしやすくなるといわれています。

 

おむつ交換が頻回でズボンをはかせるのが大変な時期に、レッグウォーマーは重宝します。特に外出時に抱っこひもだと、脚が出て靴下だけでは保温が難しくなることがあります。ロングタイプは太ももから足首までの脚全体もカバーしてくれるので便利です。

 

ブランケット、おくるみ、スリーパー、前開きベスト

寒い時期の赤ちゃんには、洋服を着させすぎてしまう場合があります。たくさん着ていると着替えも大変ですし、冬は1日の中で気温差が大きく、日中など暖かい時の調整が難しくなります。

 

冬生まれの赤ちゃんは、短肌着+ 長肌着 or コンビ肌着 + ロンパースが基本の着せ方になります。あとは、まだ動きが少ないので、寒いときにはおくるみやバスタオルなどを追加して包むのがいいかと思います。

 

冬におすすめな素材は、フリースなど薄手で暖かい素材です。おくるみをするときにも軽くて巻きやすく、洗濯しても乾きやすくとても便利です。夜寝るときにはスリーパー、外出時は前あきのベストなども着替えさせやすいです。

 

加湿器

冬は湿度が下がり空気が乾燥しています。また、お部屋を暖めるためにエアコンを使う方も多く、どうしても部屋の中が乾燥しがちです。赤ちゃんの肌は生後2~3カ月を過ぎると乾燥しやすくなります。肌の乾燥が続くと湿疹などトラブルのもとになります。

 

乾燥が赤ちゃんにダメージを与えるのは皮膚だけではありません。空気が乾燥するとウイルスが空気中に長時間漂う状態になります。本来ならフィルターとしてウィルスの侵入を防ぐ鼻や気管の粘膜が、乾燥してしまうことで機能が低下するといわれています。赤ちゃんだけでなく大人も乾燥に注意が必要なのです。理想的な湿度は50〜60%で、湿度計もついた温度計を使いながらこまめにチェックしてみてください。

 

赤ちゃんがいるご家庭におすすめな加湿器はスチーム式です。ポイントは沸騰する点。沸騰しない加湿器は手入れを怠ると内部で雑菌が繁殖し、加湿する際に菌をまき散らす恐れがあります。しかし、スチーム式であれば沸騰してできた蒸気で加湿するため、衛生的に使用することができます。手入れをこまめにするのが大変な育児中のママには、手入れがラクで安心して加湿できるスチーム式が安心です。

 

加湿器がない場合は、洗濯物や濡れたタオルを室内に干すのも湿度をあげるためには効果があります。

 

【番外編】 冬のお世話で便利なママグッズ

ネックウォーマー、ケープ

夜の授乳は布団から出るので寒くなります。授乳時にネックウォーマーやケープを使うことで、肌が露出する部分を少なくするといいでしょう。

 

ママコート・ストール、メンズの大きいサイズのパーカー

コートの上から抱っこひもを装着するのは難しく、大体が抱っこ紐で抱っこした上からコートを羽織ることになります。この場合、前が閉められないので結構寒いものです。赤ちゃんも一緒に包むことができるコートがあれば、お互いに温かいです。

 

バスローブ

お風呂上がりに裸やタオルを巻いただけの状態で寒さに震えながら、赤ちゃんの着替えや保湿を優先しているママも多いです。バスローブを着ることで、お風呂上がりでも寒くなく赤ちゃんの着替えなどができます。

 


私自身が11月中旬の出産で、出産後〜4ヶ月ごろは冬の寒い時期でした。お風呂上がりや外出時に赤ちゃんが寒くならないように気を使ったのを覚えています。寒い冬の育児が、少しでも快適に過ごせるように参考にしてみてくださいね。
 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    グッズの新着記事

  • PICKUP