マンガ 体験談 マンガ 倉地千尋

「今って生理?」先生からド直球の質問がー!【生理を隠し続けた#12】

1

現在、『少年サンデーS』で「清楚なフリをしてますが」を連載中のマンガ家・倉地千尋さん。ご自身の体験をもとにして、「生理を隠し続ける女の子の漫画」を、Twitterで公開しています。

 

主人公は、小学校6年生の女の子、月一せいこ。

生理は決して恥ずかしいものではないけれど、初潮を迎える時期の女の子には大人になるということへの葛藤や恥じらいなど複雑な感情があります。また、彼女と家族、親友、同級生の男の子、保健室の先生など、周囲の人々などとのやりとりを通じて、「どうすれば子どもに生理が恥ずかしくないものであるということを理解してもらえるのか」についても考えさせられる作品です。

 

今回は第12話。前回、持久走中に生理痛で倒れてしまったせいこちゃん。どうやら保健室に運ばれたようです。

 

生理を隠し続ける女の子の漫画#12

 

生理を隠し続ける女の子の漫画#12

 

生理を隠し続ける女の子の漫画#12

 

生理を隠し続ける女の子の漫画#12

 

せいこちゃんの様子を見て、保健室の先生は瞬時に事態を理解したようです。その理由は、保健室の先生も昔、誰にも言えなかったという経験があるから。この先生の気持ちがせいこちゃんにも伝わって、よき理解者になってくれるといいのですが……。せいこちゃんは「バレた?」ということがとにかく気になっているようですね。

 

生理は恥ずかしいものではないけれど、せいこちゃんのように知られたくないという思いが強い子もいるようです。せいこちゃんのような女の子の気持ちを、やさしくフォローできるような世の中でありたいですね。

 

監修/助産師REIKO

著者

イラストレーター 倉地千尋


マンガ家。「週刊サンデーS」での連載「清楚なフリをしてますが」をまとめた単行本全4巻(小学館)が発売中。Twitterも日々更新中。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 痛みの例え方が流石すぎる(笑)この状態じゃ確かに言い難いよね〜…よりによってお迎えに来たのがお父さん…でもお母さんもやけにナプキンの減りが早いからもう気づいてるんじゃないか… もっと見る
    痛みの例え方が流石すぎる(笑)この状態じゃ確かに言い難いよね〜…よりによってお迎えに来たのがお父さん…でもお母さんもやけにナプキンの減りが早いからもう気づいてるんじゃないかな?

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。